あらすじ

キイハンター 第169話 さよなら美しい眼のない死体

キイハンター欠番・169話・さようなら美しい目のない死体

キイハンター第169話は欠番作品。スイスで事故死した夫を装い保険金詐欺事件を内偵する小田切の活躍!

第169話 さよなら美しい眼のない死体
(共同調査:NWP夏目プロダクツ)
仮題
放送 1971.6.26
脚本 池田雄一
撮影 東光一
監督 小西通雄
出演 啓子 吹雪 ユミ 風間 小田切
主演 小田切
ゲスト 稲野和子、上野山功一、中村孝雄、松本朝夫、天本英世

キイハンター第169話 あらすじ(ストーリー)

【調査協力:NWP夏目プロダクツ夏目様】

重田と船村は、ヨーロッパで食い詰めていた頃、口笛を吹く謎の男に誘われスイス銀行を襲撃。首尾よく100万ドルを強奪した。謎の男は二人を罠にはめ、事件を闇に葬ろうとスイス国境付近で逃走車を爆破。命を取り留めた重田らは、横取りされた100万ドルと謎の男の行方を追って日本へ向かった。

国際警察特別室の小田切慎二は、スイス保険会社東京出張所の高石からある保険金詐欺の調査を依頼された。保険加入者・白鳥欣吾の妻・嵐子に保険金詐欺の疑いがあるという。白鳥は、スイスで事故死したと見られていたのだ。高石は小田切に嵐子の夫・白鳥を装って接近してほしい頼み込む。小田切の声紋が白鳥に酷似しているというのだ。

小田切は盲目の嵐子が住む湖畔の館に出向いた。しかしそこには、なんと高石がいたのだ。高石はずいぶん前から執事として屋敷に潜入していたという。そこへ重田と船村が押しかけてきた。重田らは白鳥こそ謎の男と睨み小田切に襲い掛かる。痛めつけられた小田切は偶然、部屋にある写真を目にする。

その写真には、スイスの山を背景に小田切と嵐子が写っていたのだ。その時現場に響き渡る謎の口笛が…。

キイハンター第169話 解説・見どころ

  • 欠番作品(2020.7.22東映チャンネルで放映)
  • 未亡人の夫に成りすまし真相を探る小田切
  • 芦ノ湖周辺に展開する衝撃的なクライマックス

長らく地上波、衛星放送共に「欠番」扱いだった169話がついに東映チャンネルで放映された!(2020年7月22日)本放送時から数えて約49年ぶりの再会。東映チャンネルには感謝しかありません。

RELATED POST よく読まれる関連記事