あらすじ

キイハンター 第170話 早射ち拳銃王はげ鷹登場

キイハンター 170話 早撃拳銃王はげ鷹登場

キイハンター 第170話は、東側ピアニストの亡命成功を賭けてプロの狙撃者と対峙する元FBI捜査官・吹雪の活躍!

第170話 早射ち拳銃王はげ鷹登場
仮題 早射ち拳銃王はげ鷹登場(※シナリオ#169)
放送 71.7.3
脚本 高久進
撮影 村上俊郎
監督 山内柏
役名(台本) マリオ(※国籍不明の遠距離狙撃者)
ジョン(※マリオの息子)
カレン(※マリオの娘)
北見(※暗殺組織)
草柳(※暗殺組織)
野崎(※暗殺組織)
デミトリヒ(※東側某国・秘密警察員)
イワーノフ(※東側某国・ピアニスト)
—-登場人物欄記載漏れ
節子(※マリオの妻)
出演 啓子 吹雪 ユミ 風間 小田切
主演 吹雪一郎、島竜彦、壇俊介
ゲスト 佐藤允、岩本多代、小池朝雄、鈴木浩、堀田真三、遠藤征慈、鈴木浩実、青沼洋子、山梨雄資、ロルフジェーサー(秘密警察員デミドリヒ:ノンクレジット)(ピアニスト・イワノフ:ノンクレジット)

キイハンター 第170話 早射ち拳銃王はげ鷹登場 あらすじ(ストーリー)

キイハンターの吹雪一郎は、島と国際警察特別室の壇を伴い、来日した東側某国のピアニスト・イワノフをガードしていた。イワノフはコンサート終了後、国際警察の保護の下、中立国へ亡命することになっていた。第2、第3の裏切り者が出る事を恐れた某国秘密警察のデミトリヒは、暗殺組織の北見を雇いイワノフ暗殺を計った。

北見は配下の草柳と黒崎に暗殺を命じたが、島竜彦たちのガードの前に失敗してしまう。自らの失敗を償うため、レバノン、ローマなどで世界の要人を暗殺してきた腕利きのプロの狙撃者・マリオに目を向ける。イワノフが日本にいる間に暗殺しなければならない。マリオの素性は日本国内に妻子がいることをのぞき、国籍も不明。

日本に住むマリオの妻子に被害が及べば必ず姿を現すと睨んだ北見は、マリオの娘・カレンを事故死に見せかけて殺害した。一方、東側大使館の動きをキャッチした吹雪はマリオの動向を探るべくテレビの修理工を装いマリオの妻子邸へ潜入する。しかしそこには既に北見が乗り込んでいた。

娘の死を知ったマリオが家に戻ると、眼前には銃口を向けられた妻・節子と息子・ジョン、そして潜入した吹雪の姿が…。吹雪はFBI捜査官時代にシカゴでマリオを取り逃がしたことがあった。吹雪を見たマリオは・・・・。

キイハンター 第170話 解説・見どころ

  • 誰よりも本当の自由を求めていたのは・・・
  • 亡命阻止のため雇われた暗殺者は吹雪が取り逃がしたプロの狙撃者だった
  • 滑走するセスナ機に挑む島・壇の大アクション!

東西冷戦時代ならではの亡命もの。Gメン75 230話「零下50度からの逃亡者」を思わせるような設定も感じられ懐かしい。

言論統制の社会から自由を求めて国外へ脱出しようとする国際的なピアニストを某国秘密警察からガードするキイハンターたちのアクション編。今回は元FBI秘密捜査官だった吹雪一郎がアメリカ在住の時に追っていたプロの暗殺者と再会、すさまじい死闘を展開する。その暗殺者の人間性にスポットを当てたハードボイルド・タッチの作品である。

クライマックスのスカイアクション、島&壇のジープでのハンドルさばき、吹雪のライフルによる狙撃シーンなど見所も菊池俊輔氏の劇伴もノリにノッている全盛期の秀作。ラストシーンの吹雪さんの一言も心に残る。

キイハンター 170話 放送当時の資料

プロの暗殺者マリオの娘役に青沼洋子氏。彼女は60年代に雑誌のグラビアなどで活躍した人気モデルでもあった。

キイハンター 170話
RELATED POST よく読まれる関連記事