あらすじ

キイハンター 第247話 食いしん坊ギャング南国道中記

キイハンター 247話

キイハンター 247話は、最後の玉川良一コメディ編!タイムリミット33時間!大統領暗殺現場に残された食べかけのピーナッツと一通の手紙の謎を追って暗殺者と谷口ユミ(大川栄子)は八丈島へ向かう

第247話 食いしん坊ギャング南国道中記
(共同調査:NWP夏目プロダクツ)
仮題 -(※台本#-)
シリーズ名
放送 72.12.23
脚本 池田雄一
撮影 林七郎
監督 山内柏
役名(台本)
出演 ユミ 小田切
主演 谷口ユミ
ゲスト 玉川良一
長沢純
司美智子
田口計
梅津栄非情のライセンス/鈴木刑事)
吉田義夫
中村孝雄
岡部正純
団巌
中村哲
田辺進三(田辺宏章)
長尾信
吉沢信子
北口光彦
伊藤いつ子
某国 サバタ共和国
タイアップ 八丈島・八丈温泉ホテル(閉館当時の場所
ロケ地 八丈島
類似作品
番組設定 キイハンターとは
備考

キイハンター 第247話 食いしん坊ギャング南国道中記 あらすじ(ストーリー)

来日した某国(サバタ共和国)大統領が大使館内で何者かに殺された。国際警察・特別室員の小田切慎二は壇俊介とともに現場検証に立ち合うが部屋に残された「赤い12月の足」からの一通の手紙を発見する。

『毒入りピーナッツを食べたら33時間以内に解毒剤を呑まないと死ぬ。解毒剤がほしければ100万ドルを持って八丈島へ行きM・Mの指示を待て』

検視の結果、大統領は毒殺ではなく射殺。しかも毒入りピーナッツを一粒も食べていないことがわかった。現場に残された食べかけの毒入りピーナッツは誰が食べたのか?

大統領を射殺した犯人と毒入りピーナッツを送った人物は別人だと疑った小田切は事実を報道陣に公開する。毒入りピーナッツを送って100万ドルの解毒剤を売りつけようとした「赤い12月の足」のM・Mの下にピーナッツを食べた人物が現れると睨み谷口ユミと島竜彦を八丈島へ向かわせる。

案の定、暗殺者のロベールと大使館へ潜入した泥棒の五味が現れる。二人は何者かに巧みにだまされピーナッツを食べさせられていたことを知り解毒剤を奪おうとしていた。八丈島へ向かう船内でユミがM・Mを探る国際警察員だと知った五味はユミを利用してM・Mの居場所を突き止めようとする。

キイハンター 第247話 食いしん坊ギャング南国道中記 解説・見どころ

キイハンター 第247話 食いしん坊ギャング南国道中記
  • 南国八丈島でのロケ
  • 玉川良一氏最後のキイハンター出演
  • ユミも毒入りピーナッツを食べさせられてしまう
  • M・Mを手掛かりに見つけ出した二つの団体の正体は?
  • タイムリミットに追われるユミちゃんの真冬の大アクション

今回は八丈島のまぶしい太陽と情緒ある地元の舞踊などを織り交ぜて描くユミちゃんのキュートな活躍編。週刊TVガイド誌によるとロケに出発する夜、震源地を八丈島とする大地震が起こったが撮影は続行されたらしい。

キイハンター 第8話「ギャング同盟」から憎めない犯人役で何度も出演した玉川良一氏最後のキイハンター出演編

毒入りピーナッツの解毒剤を持つM・Mを探して谷口ユミ(大川栄子)と暗殺者(長沢純)、泥棒(玉川良一)が入り乱れて八丈島中を駆け巡る!

今回のお休みは、ボス(丹波哲郎)、啓子さん(野際陽子)、FBI(川口浩)、風間くん(千葉真一)(サブタイトル別出演ランキングはこちら

キイハンター 247話

キイハンター 第247話 食いしん坊ギャング南国道中記 当時の記事

キイハンター 第247話 食いしん坊ギャング南国道中記
※大統領暗殺現場にあったピーナッツには毒が塗られていた?!報道で知った暗殺者は食べたピーナッツの解毒剤を求めて指示通り八丈島へ向かう。

出典:週刊TVガイド
RELATED POST よく読まれる関連記事