Gメン75

Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職

Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職

Gメン75 33話は、関屋警部補最後の銃撃戦!モーゼル銃を持った脱獄囚を追いつめる

第33話 1月3日 関屋警部補・殉職
仮題 1月3日・関屋警部補・殉職(シナリオ#33)
シリーズ名
放送 76.1.3
脚本 高久進(池田和雄、井口真吾)
撮影 下村和夫(1975年度日本テレフィルム技術賞・受賞)
監督 鷹森立一
役名(台本) 遊佐哲次
雅代
中川(落合 から変更)
朱美
安岡
早川
看守A
看守B
刑事A
ホステスA
ホステスB
パトロール警官A
パトロール警官B
郵便配達員A
郵便配達員B
新婚の夫
新婚の妻
出演 黒木 関屋 草野 山田 津坂 圭子 小田切
主演 関屋警部補
ゲスト 溝口瞬亮(滝俊介/江戸川乱歩シリーズ明智小五郎、明智小五郎)
土井かつえ
東晃声(出光元)
内藤杏子
根岸一正
土山登士幸
小林稔侍バーディ大作戦/行内刑事、Gメン75スペシャル/鬼沢平吉警部)
亀山達也
山浦栄
片桐陽子
村松美枝子
山田光一(山田甲一)
五野上力(斎藤力、斉藤力、五之上力、五ノ上力)
横山繁
宮地謙吾
小池栄
池田恭子
加野理恵
小野寺純子
協力
類似作品 【プロット継承】
Gメン75 306話「サヨナラGメンの若き獅子たち!」
Gメン75 317話・318話「女の裏窓24時間」
撮影日
備考 関屋警部補(原田大二郎)・最終編
ノベルズ1巻収録

Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職 あらすじ(ストーリー)

1975年大晦日の夜、警視庁の小田切警視がGメン本部を訪れていた。殺人犯の遊佐哲次が前橋刑務所を脱獄したという。遊佐は、無期懲役で服役中の身だった。黒木警視と協力して自分を密告し刑務所に送り込んだ愛人・雅代を狙っていた。彼女が男を作ったことを知っての脱獄である。

Gメンは正月休み返上で捜査にあたるが、脱獄した遊佐は隠しておいた拳銃で警官を殺害、新婚夫婦の乗用車を奪い都内へ潜入!復讐鬼と化して雅代の居住先を探す。

団地で夫の帰りを待つ雅代を全員でガードするGメンだが、関屋警部補は団地内に入ったまま出てこない郵便局員を不審に思い追跡する。

Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職 解説・見どころ

  • 関屋警部補・最後の死闘
  • 黒木警視が雅代に協力を申し出るシーン
  • 関屋と遊佐の銃撃シーン

22話「警視庁殺人課」を最後に欠場した後、32話「死んだはずの女」で復帰。そして翌週にあたる今回でいきなり殉職。このシチュエーションは、当時一大旋風を巻き起こした。長髪でドッレッシー、バイタリティあふれるリーダーシップで土曜夜9時に新風を吹きこんだ若き警部補の突然の降板に、多くのファンが涙した。

その死は、クライマックスまで予感できない展開だった。脱獄犯・遊佐を発見、追跡、そして壮烈な銃撃戦!絶妙な編集テクニックもクライマックスを一気に盛り上げる!かくしてGメン75で最も印象に残る最終編となった。思えば第一話、結婚を誓い合ったフィアンセ・節子を失い、失意と哀しみを背負って登場した関屋警部補。

脚本・高久進、撮影・下村和夫、監督・鷹森立一。第一話と同じ巨匠がラストをも手がけるという贅沢さ。関屋一郎警部補は、正に「Gメン75」の黎明期に重要な役割を果たしたレギュラーだった。最後の銃撃シーンのカット割り。ここは必見!数ある刑事ドラマの殉職シーンでも記憶に残るクライマックスに仕上がっている。

Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職 当時の記事

狂気の復讐鬼を追え

Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職
※画像は32話「死んだはずの女」と思われる
出典:週刊TVガイド

大晦日の夜、殺人犯の遊佐が脱獄した

Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職
出典:毎日新聞

原田大二郎はなぜ殺されたか?

Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職
Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職
Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職
Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職

スタジオルポ Gメン75壮絶!

撮影中のスタジオイラストつき

Gメン75 最初の殉職「関屋警部補」の特集が、「平凡スタア(76・3月号)」にて大きく掲載された。見開き8ページで東映撮影所内のGメンルーム周辺のイラスト付き。当時の記事の一部を抜粋して記録。学校帰りの小学生が友人を引き連れてロケ見学したり、サインを求めたりでかなりの騒ぎだった様子が感じられる。中には記念撮影してもらった方もいたとか。なんともうらやましい体験である。

ロケ現場となった高島平団地は大騒ぎ

冷たい北風が肌を刺す真冬の昼下がり。14階建ての高層アパート群が林立する高島平団地(東京・板橋区)の一角に、白いベンツが静かに止まった。

「おはよォス!」

黒いスーツ姿の倉田保昭が、さっそうと降りてくる。すかさずスタッフの一人が駆け寄って、きょうの撮影スケジュールを手短に告げた。「大ちゃん(原田大二郎のニックネーム)は、3時に死にます」つづいて、藤木悠が愛車オペルに乗ってあらわれる。あわててストップをかけたのか、キーッと急ブレーキの音が響く。その助手席には、岡本富士太がちょこんと同乗していた。腹を突き出して歩いてる藤木に、団地内をパトロール中の警官がサッと敬礼。これには岡本もビックリした。

「さーすが!藤木さん。本職のお巡りさんに挨拶されるなんて!」
「そりゃ、岡本クンとはキャリアがちがうよ」

大きく胸を張る藤木は、『アイフル大作戦』、『バーディー大作戦』、そしてこの『Gメン75』(いずれもTBS系)と、一連のこの時間帯のドラマでは、ずっと刑事役ばかりやっているからだが、「でも万年ヒラ刑事でしょう。早く出世してくださいよ」岡本も負けずにやり返した。・・・・(後略)・・・・

「テスト!ヨーイ、スタート!」

鷹森監督の声が寒空にこだまする。14階建ての屋上にカメラをすえて、いよいよクライマックス・シーンの撮影だ。血ノリ用の真っ赤な塗料を壁にベットリと塗り、その前で原田は凶弾に倒れるシーンを繰り返し練習する。頭から前のめりに一回転するたびに砂ぼこりが舞い上がり、コンクリートに頭をぶつけるゴツンという不気味な音まで聞こえる。濃紺の背広はみるみるうちにほこりまみれになる。髪の毛もザンバラ。そのたびにメークの女性スタッフがかけよって顔を直す。

「大ちゃん、倒れるときのタイミングに注意して!」

鷹森監督の容赦ない注文に、わきでじっと見守る丹波や夏木らレギュラーメンバーたちの顔も真剣そのものだ。・・・・(後略)・・・

撮影に部屋を貸した家は火事場騒ぎ

「Gメン75」の敵は天候である。撮影は2話並行して、16日間で撮らなければならない。1話のカット数は、約450カット。その3分の2以上が、屋外でのロケーションだから、雨でも降ればスケジュールがずたずたになってしまう。・・・(後略)・・・

※見開き8ページの撮影現場特集
出典:平凡スタア(76・3月号)
Gメン75 第33話 1月3日 関屋警部補・殉職
RELATED POST よく読まれる関連記事