あらすじ

キイハンター 第198話 がんばれ!小便小僧危機一発

キイハンター 第198話 がんばれ!小便小僧危機一発

キイハンター 198話は、地上20階の少年、空中大アクション!吹雪一郎と少年が追うペンタゴンの機密事項を巡る大捜査網

第198話 がんばれ!小便小僧危機一発
(共同調査:NWP夏目プロダクツ)
仮題 頑張れ!小便小僧危機一発(※台本#199
シリーズ名
放送 72.01.15
脚本 小山内美江子
撮影 下村和夫
監督 山内柏
役名(台本) 太刀川勇(少年)
ワトソン(FBI)
助手ルリ
今井(殺し屋)
楠田(殺し屋)
浅田(FBI)
勇の友達たち
今井の部下たち
出演 啓子 吹雪 ユミ
主演 吹雪一郎、谷口ユミ
ゲスト 三富夏樹渚まゆみ深江章喜木村元佐藤京一旭洋一郎西本良治郎ロルフ・ジェーサー
某国
タイアップ 横浜ドリームランド
ホテルエンパイア
ロケ地 横浜
類似シーン
備考

キイハンター 第198話 がんばれ!小便小僧危機一発 あらすじ(ストーリー)

聖ドメニコ学園寮を抜け出した少年・太刀川勇が目撃した射殺事件。撃たれた男が少年に託したのは「時計」で横浜ドリームランドにいるワトソンに渡してほしいと告げ息絶える。

それから勇は謎の黒装束の男たちから追われる羽目になる。勇を助けたキイハンターの吹雪一郎は勇が語った射殺事件の現場に出向いた。しかし現場には殺された男の死体がない。

吹雪は勇の口からワトソンの名前が出たことに色めき立つ。ワトソンが吹雪の知人のワトソンならアメリカ在住のFBI捜査官だ。来日しているなら自分に声をかけないはずがないとにらんだ吹雪は勇とともに横浜ドリームランドのホテルエンパイアへ行く。

ワトソンはやはり吹雪の元同僚だった。彼は日系のFBI捜査官とともに来日。ペンタゴン(アメリカ国防総省)の機密事項を収めたマイクロフィルム盗難事件を捜査中だった。勇は吹雪が携帯している拳銃を見て悪党に違いないと思いこみ吹雪を警戒し始める。

キイハンター 第198話 がんばれ!小便小僧危機一発 解説・見どころ

  • 地上20階のてっぺんでヘリコプター大空撮!
  • ペンタゴンの機密事項を収めたマイクロフィルム盗難事件と消えた死体のミステリー

男と男の約束にこだわる少年と元FBI捜査官・吹雪一郎の心の交流を少年の眼を通して描かれる異色作。

今ならディズニーランドを一日借り切って空撮する様な壮大なスケールのシーンが眼前に展開する!子供心にワクワクしながら観た緊張感がまたまた蘇ってきた!

小学生視聴者だった自分にとっては、「キイハンター」は大人の世界とアドベンチャースピリッツをかきたててくれた数少ない作品。

中学時代に再放送を見るまでストーリーはほとんど覚えてなかったが、ダイナミックな映像、千葉真一&谷隼人アクション、トキメキ感じたかわいいユミちゃんなど、「キイハンター」は心に刻まれるシーンいっぱいのまさにバーチャルなドリームランドだった

舞台となった「横浜ドリームランド」と「ホテルエンパイア」は2020年10月時点では閉館で、現在は横浜薬科大学図書館棟になってるらしい。

横浜ドリームランド開園時の資料
その中でもこれはオールカラー40ページという豪華なもので、冊子巻頭の松尾社長のコメントにもあるようにまさに「ドリームランドオープン記念アルバム」という名にふさわしいもの
出典:横浜ドリームランドオープン記念アルバム-夢の国にようこそ-

今回のお休みは、ボス、島ちゃん、風間くん(サブタイトル別出演ランキングはこちら

キイハンター 第198話 がんばれ!小便小僧危機一発 当時の記事

キイハンター 第198話 がんばれ!小便小僧危機一発
※アメリカ国防総省の機密事項を収めたマイクロフィルム盗難事件と極秘来日したFBI捜査官の謎

出典:週刊TVガイド

キイハンター 終了?丹波哲郎&中丸忠雄降板? 放送当時の記事

キイハンター 199話
※放送週の週刊TVガイド(1972年1月21日号)に「キイハンター」終了説に纏わる記事が掲載されていた。

「ザ・ガードマン」が1971年年末に終了し、それに代わる類似番組が4月よりスタートするという記事。これに合わせて「キイハンター」のその後にも言及していた。

終了説は打消しされていたが、メンバーの若返りと称して黒木ボス(丹波哲郎)、国際警察特別室員・小田切慎二(中丸忠雄)の降板内偵に触れていた。

東映サイドに任せてあるというメンバー変更案はTBS編成部の声だが、当時場合によってはボスと小田切さんは3月いっぱいで消えていたかもしれない。

このメンバー変更の試行錯誤の結果、210話「いんちきキイハンター探偵局」にて滝裕二(沖雅也)加入となったようだ。

出典:週刊TVガイド
キイハンター 第198話 がんばれ!小便小僧危機一発
RELATED POST よく読まれる関連記事