あらすじ

キイハンター 第25話 現金(げんなま)を怖がる泥棒 

キイハンター 第25話 現金(げんなま)を怖がる泥棒 

キイハンター 25話は、予告通りに犯行を重ねる宝石泥棒を追いつめてゆく風間洋介と谷口ユミのスリリングな死闘

第25話 現金(げんなま)を怖がる泥棒
(共同調査:NWP夏目プロダクツ)
仮題 -(※準備稿シナリオ#-)
シリーズ名
放送 68.9.21
脚本 高久進(池田和雄、井口真吾)
撮影 林七郎
監督 小西通雄
役名(台本)
出演 黒木 啓子 ユミ 風間
主演 風間洋介・谷口ユミ
ゲスト 宮城千賀子
二本柳寛
山本麟一
江幡高志刑事物語 星空に撃て!/出目海信刑事)
裕圭子
亀山達也
五野上力(斎藤力、斉藤力、五之上力、五ノ上力)
清見晃一
相馬剛三
名達ますみ
某国
備考 代々木公園周辺でのカーアクション

キイハンター 第25話 現金(げんなま)を怖がる泥棒 あらすじ(ストーリー)

現金には手をつけず宝石ばかりを狙う国際的な四人組窃盗団が出没した。予告通りに犯行を重ねる鮮やかな手口。ニューヨーク、パリ、そしてギリシャの博物館で被害が発生し、見事なトリックに各国警察は手をこまねいていた。

その一味が狙う次なる獲物は<アフリカの星>と呼ばれる日本に保管されてある秘蔵のダイヤ。それには10億円の保険が掛けられている。黒木鉄也は保険会社の依頼で、風間洋介を護衛に当たらせることにした。

窃盗団は13日の正午にダイヤを盗むと予告してきたが、警備場所の滝口邸でのガードは万全。しかし、警備の隙をついた窃盗団は邸内に忍び込んできた。そして犯人に絶えずじゃれつく一匹の猫。キイハンターと窃盗団の虚々実々の闘いが始まるが、風間と谷口ユミは罠にはまり敵の手に落ちてしまう。

キイハンター 第25話 現金(げんなま)を怖がる泥棒 解説・見どころ

  • 暗室で映写機から映し出される映像を見ながら語る集団のシーン
  • オープンカーを颯爽と乗りこなす風間洋介のカーアクション
  • 猫をヒントに暴かれる敵の正体く

暗室で映写機から映し出される映像を見ながら語る集団。このスパイ映画タッチのシーンがいい。後のGメン82 14話「香港の女必殺拳」まで幾度となく使われるおなじみのシーンだ。

時価2億円のダイヤ<アフリカの星>をめぐるキイハンターと宝石専門の窃盗団との攻防戦を一匹の猫を絡めてスリリングに描く。猫がキーワードとなってドラマは展開する。喫茶店で窃盗団の女をマークするユミちゃんのプロスパイ風盗聴作戦もカッコいい。店内に流れていた当時のヒット曲「花の首飾り」がノスタルジックな気分にさせてくれる。

キイハンター 25話 当時の雑誌記事

キイハンター 25話 現金(げんなま)を怖がる泥棒 
出典:週刊TVガイド
RELATED POST よく読まれる関連記事