Gメン75

Gメン75 第164話 消えた乳母車の赤ちゃん

Gメン75 第164話 消えた乳母車の赤ちゃん

Gメン75 164話は、特別番組クラスのサスペンス!誘拐した乳児をビル屋上から放り投げる謎の女?!230万円の身代金に隠された恐るべき真相

第164話 消えた乳母車の赤ちゃん
仮題 -(シナリオ#-)
シリーズ名
放送 78.07.15
脚本 池田雄一
撮影 吉田重業
監督 山内柏
役名(台本)
出演 黒木 立花 草野 中屋 山田 涼子
主演 立花警部補・以下全員
ゲスト 井上孝雄吉行和子日高千香子(進千賀子)、園田裕久十勝花子横森久河合弦司章文栄大久保悟城春樹清水照夫木村修五野上力
タイアップ ※ノンクレジット
横浜ドリームランド(現在
類似プロット
撮影日
ロケ地
収録 (1)FOREVER:-
(2)BEST SELECT:-
(3)BEST SELECT(女Gメン編):-
(4)DVD-COLLECTION I:-
(5)DVD-COLLECTION II:-
(6)SELECTION一挙見Blu-ray(=DVD1~5):-
(7)DVDコレクション:55号
音楽特記
備考

Gメン75 第164話 消えた乳母車の赤ちゃん あらすじ(ストーリー)

乳児誘拐事件発生し警視庁からGメンへ極秘捜査の指令が下った。

母親の竹内恭子が買い物をしていた一瞬に乳母車ごと息子のサトシが姿を消した。立花警部補らGメンは竹内邸を張り込み、犯人からの要求に備える準備を整えた。

乳児の行方がわからなくなったことを知った父親の竹内は勤務先から帰宅したとき電話のベルが鳴った。

女の声で、新宿西口交差点へ「230万円」持ってくるよう要求される。警察には知らせるなという強い警告だった。

犯人の指示通り竹内夫妻が指定の場所に出向くとサングラスをかけた謎の女がビルの屋上からいきなり乳児を放り投げるという暴挙に出た。

Gメン75 第164話 消えた乳母車の赤ちゃん 感想・ポイント

Gメン75 第164話 消えた乳母車の赤ちゃん
  • 乳児誘拐事件の捜査が警視庁からGメンへ
  • 草野刑事のダイビングキャッチ
  • 関係者は誰も心当たりがない「警察を試す姿なき女」
  • 中屋刑事の判断
  • 230万円の身代金の謎

いきなりショッキングなプロローグで最初からぐいぐい引き込まれるサスペンス編前回の予告編が通常どおりの予告ではあったが、効果音入りの特報なみ。それだけに期待通りの緊迫した展開が堪能できた。

単なる誘拐事件の捜査だけでなく、謎めいたネタフリがあり恐るべき事件の裏に潜んでいた真相が明るみになるまで手に力が入って見てしまう作品である。

幾度となく試される被害者試される警察。犯人に念を押されたにもかかわらず動きを読まれてしまったGメンの極秘捜査。被害者の焦りと怒り、犯人との連絡が途絶えてしまった時間の流れと極限の心理状態。

黒木警視(丹波哲郎)ですら脂汗が感じられる手詰まり感。

単発作品でここまで質の高い作品を作ってしまう当時の東映Gメンスタッフ陣はやはりすごい。これぞGメン75!

緊迫感あふれる164話は、「Gメン75DVDコレクション(デアゴスティーニ)」で55号に収録予定。(2021年3月時点)全国発売&全号発売祈願!

Gメン75 第164話 消えた乳母車の赤ちゃん 当時の資料

Gメン75 第164話 消えた乳母車の赤ちゃん
※低すぎる身代金の額と執拗に被害者夫妻と警察を試すかのように要求を突きつける女の狙いはなにか?次回165話ジープに乗った悪魔はハードアクションシリーズ第二弾だが予告編は通常どおりのパターンで制作された。
Gメン75 第164話 消えた乳母車の赤ちゃん

出典:週刊TVガイド

Gメン75 視聴率
※参考:78ハードアクションシリーズ第二部「刑事が銃殺される時」の視聴率(関東地区)。

出典:週刊テレビ番組

Gメン75 第164話 消えた乳母車の赤ちゃん
※シナリオと本編では展開に関して相違点があるものと思われる。

出典:毎日新聞

Gメン75DVDコレクション収録予定:55号

RELATED POST よく読まれる関連記事