Gメン75

Gメン75 第210話 出刃包丁を持った男

Gメン75 第210話 出刃包丁を持った男

Gメン75 210話は、田口刑事(千葉裕)成長編!巻き添えで水上牧子(鳥居恵子)が負傷した原因は田口が放った銃弾?!村井刑事(有希俊彦)怒りの鉄拳炸裂

第210話 出刃包丁を持った男
仮題 -(シナリオ#-)
シリーズ名
放送 79.06.09
脚本 高久進(池田和雄、井口真吾)
撮影 吉田重業
監督 鷹森立一
役名(台本)
出演 黒木 立花 中屋 村井 田口 螢子
主演 田口刑事
ゲスト 鳥居恵子<水上牧子>
遠藤真理子(香山まり子)<水上亜子>
—-
川口敦子
水原ゆう紀
池田広法
堀田真三(脇中昭夫、堀田慎三、現・堀田眞三)
西川敬三郎
田川勝雄(田川恒夫、田川勝男、特別機動捜査隊/田川鑑識員、水野鑑識員)
岩城和男
中島元
石井浩
亀山達也
山浦栄
大泉公孝
佐川二郎
山口正二郎
河村千秋
浦上義久
上田三津子
岡恵美子
岸下雅代
タイアップ
類似シーン
撮影日
ロケ地
収録 (1)FOREVER:-
(2)BEST SELECT:-
(3)BEST SELECT(女Gメン編):-
(4)DVD-COLLECTION I:-
(5)DVD-COLLECTION II:-
(6)SELECTION一挙見Blu-ray(=DVD1~5):-
(7)DVDコレクション:70号
主題歌 Gメン’75のテーマ「レクイエム」(作詞:佐藤純弥 作曲:菊池俊輔 唄:ささきいさお
挿入歌
劇伴特記
備考

Gメン75 第210話 出刃包丁を持った男 あらすじ(ストーリー)

警邏中の警視庁パトロール警官・杉山巡査が挙動不審な青年・片岡久雄を発見し職務質問するが、いきなり包丁を切り付けられ殉職する。片岡は実弾が装填された拳銃を警官から奪って逃走した。

翌朝、水上亜子からGメン本部の田口刑事宛てに電話がかかってきた。店に挙動不審な男がいるという。

田口は現場に急行し男に声をかけたが、いきなり拳銃を発砲され撃ち合いとなる。その結果、店内にいた牧子が倒れ重傷を負った。

現場検証の結果、牧子の体内から摘出された弾丸が自分のものであることがわかり愕然とする田口。しかも取り逃がした男を割り出そうとするがモンタージュ写真作成が思うようにいかず苛立ちを隠せない。

そして第二の事件が発生した。犯行に使われた拳銃は牧子を撃ったものと同一だったことから打ちひしがれる田口に村井刑事が情報を持ってきた。亜子ちゃんの証言で津川螢子警部補が作成した似顔絵から男の身元が判明した。

その男・片岡が拳銃を奪い逃走するには心に刻み込まれた理由があった。

Gメン75 第210話 出刃包丁を持った男 感想・ポイント

Gメン75 第210話 出刃包丁を持った男
  • 拳銃強奪犯と打ち合いになり牧子が負傷する
  • 負傷の原因は田口刑事が放った銃弾だった
  • 苦悩する田口のさらなる失態と取り戻すデカ魂
  • 拳銃強盗が犯行に走ったきっかけに鉄拳制裁する村井刑事

今回は新メンバー加入・初期ならではの田口刑事の成長編。同僚村井刑事(有希俊彦)との絡みも多く見ごたえあるシーンがいっぱい

初期の田口刑事が苦手だと公言した拳銃使用の伏線は、208話「5月26日絞首刑」で見ることができる。

コーヒーショップ「柿の木」経営の姉妹からの通報で現場に急行した田口(千葉裕)が男と撃ち合いになるが、跳弾で姉の牧子(鳥居恵子)が負傷する。

それがきかっけで若きGメン・田口の苦悩が始まるわけだが、要領を得ないモンタージュ作成や先輩の中屋刑事(伊吹剛)、村井からの苦言、亜子ちゃん(遠藤真理子)からもキビシイ対応アリ。

徐々に刑事魂を取り戻しつつある田口が村井に五反田の公園で差し入れするシーンなど同僚ならではのほっこりするシーンも。さらに村井が放つ怒りの鉄拳も拝めるので田口刑事、村井刑事ファンのみならず見逃せない傑作である。

Gメンに採用されたばかりの田口に手柄をと願う亜子ちゃんの姿は、追出(藤木悠)の旦那に手柄を!と奮闘するココ(和田アキ子)の「バーディ大作戦」を思い出させてくれる。

また、喫茶店で流れる曲をシーンの変わり目に劇伴の様に挿入する編集スタッフのセンスも見事。

Gメン75 第210話 放送当時の資料

Gメン75 第210話 出刃包丁を持った男
※この時点では「特報」は流れなかったが、週刊TVガイド誌番組解説欄にてニューカレドニアロケの裏話が紹介された。

出典:週刊TVガイド

Gメン75DVDコレクション収録予定:70号

RELATED POST よく読まれる関連記事