あらすじ

キイハンター 第201話 ドルショック殺人部隊

キイハンター 201話

キイハンター 201話は、千葉真一全快作品!遠い親戚の言葉に惑わされ、いいかげん信用できなくなった風間洋介に今度は命を狙われていると電話が・・・

第201話 ドルショック殺人部隊
(共同調査:NWP夏目プロダクツ)
仮題 -(※台本#-)
シリーズ名
放送 72.02.05
脚本 高久進(池田和雄、井口真吾)
撮影 山本矩雄
監督 竹本弘一
役名(台本)
出演 啓子 吹雪 ユミ 風間
主演 風間洋介
ゲスト 大塚道子
原良子
松山照夫
山崎直衛
杉本マチ子
団巌
山田甲一(山田光一)
ロルフ・ジェーサー(ロルフ・ジェッサー)
某国
タイアップ
ロケ地
類似シーン
備考

キイハンター 第201話 ドルショック殺人部隊 あらすじ(ストーリー)

ロンドンの銀行を襲って8億円を強奪した国際犯罪者・ペレス。ペレスとともに国際警察が指名手配した大泥棒・怪盗ルパン2世。彼らが日本に潜伏しているという情報を得たキイハンターは動き出す。

ペレスは東京で10億円の金庫襲撃を計画し二人の日雇い労働者の男に犯行の片棒を担ぐよう声をかけた。ペレスと2人の男はアンセルモ病院に重症患者として潜り込み、病院側にはペレスを手引きする病院職員の女1人が待機。10億円を強奪するためにペレスは病院の特別室を占有しようと企む。

この病院には風間洋介の親戚の老婆・マリアが入院していた。彼女の亡き夫は腕利きのインターポール捜査官だった。マリアは運び込まれた重症患者に不審なものを感じキイハンターの風間に連絡。風間は病院に出向き「面会謝絶」と書かれた個室の様子を探るが医師はマリアの妄想じゃないかと風間に告げる。

だんだんマリアの証言が信じられなくなった風間はマリアの言葉に耳を貸そうともしなくなった。そんな時、風間の下にマリアから電話がかかってきた。今度は本当に命を狙われているというのだ。

キイハンター 第201話 ドルショック殺人部隊 解説・見どころ

キイハンター 201話
  • 軽業師 千葉真一のアクロバットアクション
  • 時刻のテロップとともに進行する10億円強奪計画

1971年秋、自動車事故で負傷した千葉真一氏の全快復帰記念第一作!として週刊TVガイド(1972年1月29日号)に紹介されていた。

木から木へ飛び移るシーンは必見!病院のテレビ画面に映る「キイハンター161話/荒野の列車大襲撃作戦 爆破シーン」のお遊びも面白い。Gメン75 321話「キャンピングカーに乗った鬼婆」のテレビ画面に映る「Gメン75オープニングシーン」を思い出してしまう。

風間くんこと風間洋介の「母のいとこ」の「そのまたいとこ」の「叔母」が登場するというややこしさも。

今回のお休みは、ボス(サブタイトル別出演ランキングはこちら

キイハンター 201話 放送当時の資料

キイハンター 第201話 ドルショック殺人部隊
※病院で嘘ばかりつくマリアの言葉を信じれなくなった風間洋介だが、今度の今度は・・・!
キイハンター 201話
※前回放送週の週刊TVガイド誌に掲載された千葉真一氏復帰を記念した今回の作品(201話)を紹介したコラム。

出典:週刊TVガイド
RELATED POST よく読まれる関連記事