あらすじ

キイハンター 第73話 殺人金庫ただ今、発売!

キイハンター 73話

キイハンター 73話は、ユミちゃん(大川栄子)のスリリングでキュートな捜査線!米ソが絡む東西金庫メーカーの冷戦!警視庁から盗まれた大量の拳銃をユミちゃんが取り戻す大作戦

第73話 殺人金庫ただ今、発売!
(共同調査:NWP夏目プロダクツ)
仮題 -(台本#-)
シリーズ名
放送 69.08.23
脚本 池田雄一
撮影 下村和夫(1975年度日本テレフィルム技術賞・受賞)
監督 村山新治
役名(台本)
出演 黒木 啓子 吹雪 ユミ 風間
主演 谷口ユミ
ゲスト ジェリー藤尾
富田仲次郎
白石奈緒美
高宮敬二
相原昇
アーサー・スターク
ハンス・ホルネフ
ソトス
某国
タイアップ
ロケ地
類似シーン
備考

キイハンター 第73話 殺人金庫ただ今、発売! あらすじ(ストーリー)

大都会の片隅で発生した連続金庫強奪事件。ある日、吹雪一郎のFBI時代の友人から電話が入った。秘密書類の入った5つの金庫を守ってほしいという。

谷口ユミを除く黒木鉄也以下5人のキイハンターが手分けしてガードすることになった。だが、これはニセ電話だった。

金庫メーカーのワシントン商会とレーニン商会は冷戦状態。レーニン商会が金庫破りの名人・マルクス三木を雇い、ワシントン商会の金庫を次々と破らせた。ワシントン商会の信用は失墜し、この冷戦に黒木らが巻込まれてしまう。

黒木の部屋で留守番をしていたユミのもとへ再び電話がかかってきた。次は加保根の金庫を警備してほしいという。ユミは単身現場へ行ってみることにした。

キイハンター 第73話 殺人金庫ただ今、発売! 解説・見どころ

キイハンター 72話
  • ユミちゃんのキュートな捜査線
  • キイハンター全員で大暴れ!

今回はユミちゃん(大川栄子)の活躍編。この頃のユミちゃんはとにかくかわいい。アメリカ側がワシントンとリンカーン、ソ連(現:ロシア)側はレーニンという金庫屋。そして金庫破りのプロ・マルクスが引き起こす攻防戦。

ギャングのボス・加保根が買った金庫騒動にユミちゃんが巻込まれるという大捕物。ジェリー藤尾氏もカラー編と比べれば割とシリアスな役柄を好演。ユミちゃんとの駆け引きが見所となっている。

ボス(丹波哲郎)も啓子さん(野際陽子)も全員大暴れという肩の凝らないクライマックス!これで室長(仲谷昇)が加わってたら申し分なし!

今回のお休みは、なし(サブタイトル別出演ランキングはこちら

キイハンター 第73話 殺人金庫ただ今、発売! 放送当時の記事

キイハンター 第73話 殺人金庫ただ今、発売!
出典:週刊TVガイド
RELATED POST よく読まれる関連記事