あらすじ

月曜ミステリー劇場 「軽井沢夫人」-黒木警察庁長官

軽井沢夫人 黒木警察庁長官(丹波哲郎)

月曜ミステリー劇場 「軽井沢夫人」に黒木警察庁長官と警察庁潜入捜査員が登場!新Gメンの試作品?!

月曜ミステリー劇場 「軽井沢夫人」
仮題 軽井沢夫人-扉の影に誰かいる?私は殺される!!-
放送枠 月曜ミステリー劇場 夏の特選サスペンス
放送 2002.8.26(21:00~22:54)
※緑文字:「キイハンター」以降のシリーズでクレジットされたスタッフ、会社、レギュラー&準キャスト
脚本 横田与志
撮影 松村文雄、佐多賀 剛
監督 佐藤純彌
プロデューサー 近藤照男、斉藤勢津子
照明 本田純一、堀 直之、林 大樹、速川英明
録音 川田保、間篠秀明、中村健太郎
記録 山下千鶴
VE 飯田敦
CA 安藤広敏
編集 河原弘志
VTR編集 星名隆志、田中祥子
効果 原田千昭
整音・選曲 山本逸美、得居正昭
装飾 大晃商会 高桑道明、柴田礼美
美粧 入江美粧 入江正幸、太田美智子
衣装 東京衣装 小松沙和
助監督 真砂野浩、本間利幸、躰中洋蔵
製作進行 佐藤潤、岡源太
製作担当 鈴木勝政
プロデューサー補 多賀さつき
番組宣伝 反町浩之<TBS>
スチール 渡辺富雄<TBS>、加藤光男
擬斗 山岡淳二<JAC>
題字 吉川勝子
テーマ曲 「REBEL」(ブライアン・アダムス)
劇伴 義野裕明
衣装協力 GarciaMarquez、レリアン、㈱ウールン商会、サンフェルメール、㈱アモイインター、ミズワン
美術協力 コルトサービス東京、マスダ、KEIAI、ヤマト紋章株式会社
技術協力 映広
撮影協力 株式会社シラス自工、ザンビア共和国大使館、日本赤十字社
役名(台本) 京極泰江(坂口良子)
———————-
鳥居宏介(原田大二郎)
榊原綾子(熊谷真実)
柴田竜夫(力也)
沢村和代(片桐はいり)
———————
黒木警察庁長官(丹波哲郎)
———————
佐々木刑事(清水善三)
副島刑事
——-
京極卓也
小森孝夫
——-
垣内壮介
友田幸一郎
——-
運転手
メイド
郵便配達の青年
——-
その他
警察庁 鳥居宏介 榊原綾子 柴田竜夫 沢村和代 黒木警察庁長官
出演(0) ※初期シナリオ
【警察庁潜入捜査員】鳥居宏介(原田大二郎)、榊原綾子(熊谷真実)、高石一也(京本政樹)、柴田竜夫(力也)、沢村和代(片桐はいり)/黒木警察庁長官丹波哲郎
出演(1) ※本編
【警察庁潜入捜査員】鳥居宏介(原田大二郎)、榊原綾子(熊谷真実)、柴田竜夫(力也)、沢村和代(片桐はいり)/黒木警察庁長官(丹波哲郎)
出演(2) ※本編
中山仁、秋山純、梅津栄、清水善三、加門良、正希光、寺田千穂/芸優、稲川泰子事務所、ジャパンアクションクラブ
類似作品 キイハンター 19話「死者からの電話」、104話「足のある幽霊部隊」、173話「首のない女と男の戦争」、242話「ジャンボ旅客機爆破事件
設定の変形:キイハンター 44話「殺人急行007号」、Gメン75 5話「純金の死体
撮影日
ロケ地 群馬県・軽井沢、山中湖畔
備考

軽井沢夫人 あらすじ(ストーリー)

緑に囲まれた別荘地・軽井沢。とある別荘に住む気品ある女性・京極泰江。そこへ軽井沢北署の佐々木刑事、副島刑事がやってきた。泰江の夫・卓也が渓谷で事故死したという。現場検証の結果、卓也の遺体は発見されなかった。

一年後、泰江の別荘に謎の女が現われた。卓也とはシアトルで過ごした過去があるという。一方、ある部屋では謎の男女が泰江の過去を洗っていた。アフリカのザンビアでの慈善事業、多額の寄付金の出所。ボスらしき男は泰江の夫・卓也になりすまそうと計画する。

軽井沢夫人 Gメン75シリーズとの検証

軽井沢夫人 黒木警察庁長官(丹波哲郎)

「軽井沢夫人」(2002)までの放送の流れ

  • Gメン75(1975-82)
  • Gメン75スペシャル サヨナラGメン75また逢う日まで(1982)
  • Gメン82(1982-83)
  • Gメン93春 第一級殺人の女(1993)※黒木警視正
  • 五つの顔の変装刑事 右京警部補ファイルE(1996)※黒木警察庁長官(Gメンを語るセリフ有
  • 警部・鬼沢平吉のファイルE(1999)※黒木警察庁長官
  • Gメン75スペシャル 帰って来た若き獅子たち(2000)
  • Gメン75スペシャル 東京・北海道トリック殺人事件(2001)
  • 「軽井沢夫人」シナリオ

    シナリオ、本編とも”黒木警察庁長官”=”元Gメン”とは記されていないが、本編にはないシナリオのラストシーン(シーン106)でこう結ばれている。

    ”N「日本全国の警察署、必死の捜査にもかかわらず、犯人が特定できない難事件は、少なくない。潜入捜査官たちは、頭脳を絞り、自らの危険も顧みず、そして、誰にも身分をあかすこともなく、今日も、日本のどこかで、捜査にあたっている」(終)”

    「Gメン75」と「軽井沢夫人」の共通点

    Gメン75ノベルズ1巻(ペップ出版刊)収録・「エアポート捜査線」末尾より抜粋

    ”「この特別潜入捜査班は、いわば”警察の中の警察”だ。同僚にも一切口外出来ない」”

    「警察庁 潜入捜査員」”誰にも身分をあかすこともなく
    「警視庁特別潜入捜査班(Gメン75)」”同僚にも一切口外出来ない

    近藤照男プロデューサーがご存命でない今となっては、確認することは叶わぬ夢となった。

    「軽井沢夫人」:Gメン75との関わり(推測)

    「軽井沢夫人」「Gメン75」両作品の記述を見比べてみると、「軽井沢夫人」で登場する黒木警察庁長官たちの設定は、Gメンの設定に酷似している。また、ボス・黒木警察庁長官を登場させるあたり、新たなGメンを模索していたとも考えられる。

    (Gメン黒木登場事例:「五つの顔の変装刑事 右京警部補ファイルE」→「変装の達人!!警部・鬼沢平吉のファイルE」→「Gメン75スペシャル」2部作)

    好評なら「軽井沢夫人」で登場した「警察庁潜入捜査員」続編も制作される予定があったと記されてあった「原田大二郎氏公式サイト」。京本政樹氏の「メンバーを入れ替えて新しいGメンシリーズが制作されるかもしれない。」との記事も読んだことがあるが、ソース失念

    警察庁の潜入捜査官の話です。
    熊谷真実ちゃん。安藤力也改め力也くん。片桐はいりさん。
    中山仁さん、梅津栄さんなどが主だった配役です。

    僕なんか嵐の夜に、稲妻の中で殺されそうになるんですよ。どうです、面白そうでしょう。

    これはね、視聴率さえよければシリーズ物になります。
    また放映日近くなったらご連絡しますから隣近所にも宣伝して
    ぜひ月曜日はテレビを6チャンネルに合わせておいといてくださいね。
    出典:原田大二郎氏公式サイト

    これ以上の検証ができない為、「推測」とし、「軽井沢夫人」の黒木警察庁長官は、Gメンの黒木と同一人物かどうかはファンひとりひとりの解釈に委ねるしかない。

    正式には「Gメン75」シリーズかどうかは不明とするのが妥当と思う。

    「軽井沢夫人」:当時の雑誌記事

    軽井沢夫人 丹波哲郎 黒木警察庁長官
    RELATED POST よく読まれる関連記事