あらすじ

追悼!丹波哲郎「隣の女-幽霊屋敷の殺人事件!!-」

隣の女 -幽霊屋敷の殺人事件!!- 丹波哲郎追悼作品  

「隣の女 -幽霊屋敷の殺人事件!!」は、追悼・丹波哲郎作品!「キイハンター」から受け継がれるスピリッツが垣間見える。

隣の女-幽霊屋敷の殺人事件!!
仮題
放送枠 丹波哲郎追悼
放送 2006.9.29(金)15:00~17:54【関東】TBS
※緑文字:「キイハンター」以降のシリーズでクレジットされたスタッフ、会社、レギュラー&準キャスト
脚本 酒井あきよし、高橋孝之介
撮影 松村文雄、 川口滋久
監督 佐藤純彌
プロデューサー 近藤照男、斉藤勢津子
照明 本田純一、稲嶺司、松村泰裕、森紀博
録音 川田保、鴇田満男、宮村孟司
VE 飯田敦
CA 安藤広敏
スクリプター 森みどり
編集 河原弘志
VTR編集 石川高史、田中祥子
効果 原田千昭
整音・選曲 山本逸美、得居正昭
装飾 大晃商会 岡本国昭、佐々木理恵
美粧 入江美粧 入江正幸、入江勝代
衣装 東京衣装 天野多恵
助監督 宮本忠栄、近永深生
製作主任 赤坂幸隆、野崎竜一
プロデューサー補 多賀さつき
番組宣伝 反町浩之<TBS>
スチール 大木道明<TBS>、加藤光男
振付け 伊賀康成
ガンフェクト ブロンコ、ビル横山、会田文彦
擬斗 村上潤
テーマ曲 「あなたのいない世界で」作詞:小西康陽、作曲:有近真澄、ストリングス編曲:村山達哉、歌:夏木マリ(readynadc international)
劇伴 義野裕明
車輌 カースタントTA・KA
衣装協力 WHITE DOOR、AKRIS、DANA BUCHMAN、ミカレディ、MYTYA BLU、UNIQLO、Talboto、SISLEY、NEXT、FILA、OILILY、imac、APPENA、ERQ、CESTLAVIE、TZIH
美術協力 マウスコンピュータージャパン、三洋電機株式会社、マスダ、ORIENT、エースバッグ、REGALO、EDWIN、STUDIO ピプ
技術協力 映広
撮影協力 LaQua、TokyoDomeCity、東京ドームホテル
役名(台本)
警視庁特捜班 中島淳子警部補 片岡警部補 白石悟巡査長 沢村和代 黒沢室長
出演 中島淳子警部補(夏木マリ)/ 藤真利子/ 白石悟巡査長(坂上忍)/ 渋谷哲平/ 前田淳/ 秋山純/ 小宮久美子、斎藤清六、亀山忍/ 坂田聡、正希光、堀正彦、横山一徹、清家利一、西村陽一、田中正範、猪股克介、井殿雅和、小倉敏博、前川貴紀、水谷健、 高橋光、藤田むつみ/ 芸優/ 放映プロジェクト /ジャパンアクションエンタープライズ/ 前田吟/ 新沼謙治/ 片岡警部補(梅沢富美男)/ 黒沢室長(丹波哲郎) 
類似作品 キイハンター 158話「現金と舌を切られた女」
撮影日
ロケ地
備考 劇伴:「Gメン93春」「Gメン75スペシャル(鬼沢警部)」のものも一部流用

隣の女-幽霊屋敷の殺人事件!!- あらすじ(ストーリー)

現金輸送車が何者かに追跡され、先導していた白バイ警官によって追跡者が捕まった。追跡していた若い男は、なんと警視庁特捜班の白石巡査長だった。銀行サイドは4年前、同じ手口で犯行にあった苦い経験があり、警戒していた矢先のことだった。

白石は輸送車の不調を知らせようとしていただけとわかり釈放された。そんなある日、とある銀行に覆面ギャングが押し入り、現金輸送車を襲撃。警備員を射殺し、1億二千万円を奪って逃走した。

汚名を挽回しようと白石巡査長は、黒沢室長の指揮の下、捜査を開始する。一方、銀行ギャングが逃げ込んだ家の隣には謎の女が潜伏していた。

隣の女-幽霊屋敷の殺人事件!!- 概要

追悼!丹波哲郎「隣の女-幽霊屋敷の殺人事件!!-」

丹波哲郎さん追悼番組として放送されたこの作品は、月曜ミステリー劇場枠で放送を予定されていたと思われるが、何らかの事情でお蔵入りになっていたようである。ストーリーのプロットは、キイハンター 158話「現金と舌を切られた女

関東での放送は、「2006.9.29(金)15:00~17:54」。放送当時は他の地方でも放送されたという声は、知る限りではなかったが、その後放送されたかどうかは不明。

隣の女-幽霊屋敷の殺人事件!!- 制作年(推測)

放送は2006.9.29(金)15:00~17:54【関東】。劇伴や劇中の小道具である新聞、セリフから撮影は、2003年頃と思われる

なお、2002年にはGメンのボス黒木警視正の後日談である黒木警察庁長官が単独出演する「軽井沢夫人」が放送された。

隣の女-幽霊屋敷の殺人事件!!- 放送までの「Gメン75シリーズ」「Gメン75黒木スピンオフ作品」の流れ

  • Gメン75(1975-82)
  • Gメン75スペシャル サヨナラGメン75また逢う日まで(1982)
  • Gメン82(1982-83)
  • Gメン93春 第一級殺人の女(1993)※黒木警視正
  • 五つの顔の変装刑事 右京警部補ファイルE(1996)※黒木警察庁長官(Gメンを語るセリフ有
  • 警部・鬼沢平吉のファイルE(1999)※黒木警察庁長官
  • Gメン75スペシャル 帰って来た若き獅子たち(2000)
  • Gメン75スペシャル 東京・北海道トリック殺人事件(2001)
  • 軽井沢夫人(2002)※黒木警察庁長官
  • キイハンターからのシリーズの面影

    役名、設定こそ土曜夜9時アクションシリーズとは一線を画するが、丹波哲郎氏の装い(黒ソフト、黒スーツ)は「キイハンター」からの作品全て、地下射撃場でのシーンはまさに「Gメン75」。土曜夜9時のアクションシリーズの面影を随所に感じる作品である。

    作風は、コミカルな要素を取り入れたサスペンスドラマだが、ストーリーのプロット、丹波哲郎氏のふるまいなど散りばめられたファンサービスに『キイハンター』から続くシリーズの最終編としての風格を感じた。奇しくも近藤照男プロデューサーも亡くなった2006年。この年に蔵出しされたことで「丹波哲郎・近藤照男」両名の縁を改めて確信した。

    RELATED POST よく読まれる関連記事