あらすじ

キイハンター 第158話 現金(げんなま)と舌を切られた女

キイハンター 第158話 現金(げんなま)と舌を切られた女

キイハンター 158話は、深作欣二監督カラー作品第二弾!1968年12月発生・三億円事件の真相!キイハンター島竜彦が探る山荘と廃墟の恐るべき惨劇

第158話 現金(げんなま)と舌を切られた女 
(共同調査:NWP夏目プロダクツ)
仮題 -(シナリオ#-)
シリーズ名
放送 71.04.10
脚本 佐藤純弥(佐藤純彌)
撮影 東光一
監督 深作欣二
役名(台本)
出演 啓子 ユミ 風間
主演 島竜彦
ゲスト 三条泰子山本耕一室田日出男松山照夫浜田晃石黒三郎山浦栄木村修河合絃司、アナウンサー<土屋統督>【TBS】
某国
タイアップ
ロケ地 奥多摩
類似シーン
番組設定 キイハンターとは
備考

キイハンター 第158話 現金(げんなま)と舌を切られた女 あらすじ(ストーリー)

1968年12月に東京・府中で起きたニセ白バイ警官による現金輸送車三億円強奪事件。警視庁の広域捜査にも関わらず犯人は逃走したまま未解決だった。

あれから一年後、再び同じコースで三億円が運ばれることになった。前回の輸送責任者・山湊哲夫は解雇され、今度は浜口真一が輸送責任者として現金輸送車に乗り込んでいた。

府中刑務所付近で再びオートバイに乗った男が近づいてきたため、浜口は現金輸送車襲撃事件と勘違いし警視庁に通報する。

オートバイの主は何とキイハンターの島竜彦!オーバーヒートを知らせようとした時のことだった。パトカーに追われた島は湖に転落するが、そこで数枚の紙幣を発見する。

ケガをした島はある女性に救われ、山荘に連れて行かれるが山荘の主はなぜか人間不信。島は妙に脅えているのが気になった。

そして島を救った女性・勢津子も何故か口がきけない身だった。そんな時、新宿の銀行に三人組の覆面強盗が押し入り一億八千万円の現金を強奪、警視庁の包囲網を突破した三人組は島たちの山荘に逃げ込んできた!

キイハンター 第158話 現金(げんなま)と舌を切られた女 解説・見どころ

キイハンター 第158話 現金(げんなま)と舌を切られた女
  • 深作欣二監督・カラー作品第二弾!
  • 迷宮入りした三億円事件と同じ手口の現金輸送車襲撃事件!
  • 登場人物の心理に迫るような大胆なカメラワーク!
  • ユミちゃんの隠された熱き乙女心噴出!

放送3周年記念特番。深作欣二監督作品第2弾!第一弾は157話「キイハンター皆殺し作戦」(モノクロ編から数えると4作目

今回は1968年12月に起こったニセ白バイ警官による三億円強奪事件を題材にしたサスペンス編。緊迫した事件をハードボイルド・タッチで描く。

Gメン75 86話「パリ警視庁の五百円紙幣」~88話「パリ-紺碧海岸(コートダジュール)縦断捜査」でも扱われた未解決のまま迷宮入りした事件なので見比べてみても面白い。

当時のキイハンターでも謎に包まれた事件の全貌を推理するようなタッチで描かれた。現実をフィクションに取り入れる土曜夜9時アクションシリーズならではのストーリー。

ある山荘で繰り広げられる逃亡犯と島ちゃん(谷隼人)との息詰まる攻防戦。三億円事件の真相が暴かれるラストのどんでん返しも見所。Gメン75 16話「Gメン皆殺しの予告」(深作欣二監督)にも影響を与えたと思われるもうひとつの銀行強盗犯の動機が興味深い。

また、消息を絶った島ちゃんを案じるユミちゃん(大川栄子)が思わず口に出した島への熱い想いが噴き出るシーンは貴重。そうだったのかぁ・・とにんまり。

なお、この作品は、35年後の近藤照男プロダクション制作の2時間ドラマ「隣の女」にもプロットは継承されている。

今回のお休みは、ボス、FBI(サブタイトル別出演ランキングはこちら

キイハンター 第158話 現金(げんなま)と舌を切られた女 放送当時の記事

キイハンター 第158話 現金(げんなま)と舌を切られた女
※オーバーヒートを知らせようとした島が三億円事件の再来と勘違いされパトカーに追われて湖に転落!そこで島は数枚の紙幣を発見する!

出典:週刊TVガイド
RELATED POST よく読まれる関連記事