あらすじ

キイハンター 第35話 花嫁は殺人鬼

キイハンター 35話 花嫁は殺人鬼

キイハンター 35話は、インターンとして大学病院に潜入した島&ユミちゃんのスリラーサスペンス!消息を絶った科学者に絡む国家犯罪にたどり着く

第35話 花嫁は殺人鬼
(共同調査:NWP夏目プロダクツ)
仮題 花嫁は殺人鬼(台本#35)
シリーズ名
放送 68.11.30
脚本 高久進(池田和雄、井口真吾)
撮影 林七郎
監督 小西通雄
役名(台本) 峰 万里子
岩佐徹
加賀美 博
恩田寿之
ベン
雨宮英敏
陽子
看護人A
看護人B
医局員
ボーイ
出演 黒木 啓子 ユミ 風間
主演 島竜彦・谷口ユミ
ゲスト 夏圭子
近藤宏
上野山功一
穂積隆信
久保一
山田甲一(山田光一)
華かおる
木川哲也特別機動捜査隊/佐野刑事)
林宏
木村修
ダニエル・ドウセ
某国 ソルマス共和国
協力
類似作品
備考

キイハンター 第35話 花嫁は殺人鬼 あらすじ(ストーリー)

ある大学病院から解剖用の死体が盗まれた。その事件を内偵すべく、黒木鉄也は島竜彦と谷口ユミをインターン(実習生)として恩田大学病院「神経科病棟」へ潜入させた。深夜、ユミは謎の女に襲われ意識を失ってしまう。夜間巡回をしていた島にも女の魔の手が迫る。女は死体を頂戴・・と告げ島も襲った。

女には共犯の男がいて、島とユミが倒れた隙に死体を盗もうとしていた。女は精神科病棟から逃げた峰万里子と、脱走を幇助した岩作徹という男だった。万里子はナイフを振るう殺人鬼。意識を取り戻した島とユミは、万里子を追跡しナイトクラブに入ったことを突き止める。

ナイトクラブの客席にはヨーロッパ某国ソルマス共和国の大使館員・加賀美博と婚約者の陽子、そしてベンと名乗る謎の外国人紳士がいた。ユミが化粧室に入った陽子がなかなか出てこないので様子を確認しに行くと、そこには意識を失った陽子の姿が。

島とユミは店外に出た加賀美の車を尾行。とある教会に入った加賀美はそこでウェディングドレスをまとった女と神父に遭遇する。加賀美は追跡してきた島とユミとともに古びた洋館に閉じ込められてしまう。

黒木は音波を研究している雨宮博士が忽然と姿を消した失踪事件とNATO(北大西洋条約機構)が蠢いている情報をキャッチする。

キイハンター 第35話 解説・見どころ

  • 島とユミちゃんの大学病院潜入作戦
  • 監禁された洋館からの脱出
  • 解剖用死体の盗難事件と国家間の謀略の謎

今回は黒木鉄也らキイハンターが複数の事件から国際犯罪を暴くまでの活躍をスリラー・タッチで描く冬の夜の恐怖活劇。モノクロ作品ならではの明暗を活かした映像描写がうまい。謎を秘めたままドラマは進み、観る者を惹きつけて行くスリリングな構成。洋館での撮影は、「キイハンター」以降の作品でもおなじみの「旧古河庭園」。2020年8月時点でも当時の面影が残る場所として見学できる

尚、NWP夏目プロダクツ・夏目さまの情報によると、この頃のキイハンターは番組終了テロップの後、<これからのキイハンター>と題して、サブタイトルを5作品ほどまとめてテロップしていたことがあったそうだ。

キイハンター 放送当時の雑誌特集

キイハンター 第35話 花嫁は殺人鬼
キイハンター 第35話 花嫁は殺人鬼

※35話放送から4か月後あたりの少女雑誌「週刊少女フレンド」でのキイハンター特集

「キイハンター」は、当時女子学生の間でも相当な人気を誇っていたようで、彼女らのお目当ては、千葉真一氏、谷隼人氏の華麗な活躍ぶりだった。

出典:少女フレンド 1969年4月1日号
キイハンター 35話 花嫁は殺人鬼
RELATED POST よく読まれる関連記事