Gメン75

Gメン75 第117話 日本降伏32年目の殺人 

Gメン75 117話は、長崎ロケ第二弾!第二次世界大戦中、満州で生き別れた母子(目黒幸子・西田健)の再会と元日本軍特務機関の男(南原宏治)に今も使われる父(加藤嘉)の悲劇

第117話 日本降伏32年目の殺人
仮題 日本降伏32年目の殺人(※シナリオ#117)
放送 77.08.13
脚本 高久進(池田和雄、井口真吾)
撮影 吉田重業
監督 鷹森立一
役名(台本) 豊田正夫(33歳・孫 明生)
豊田藤作(67歳)
大野ヤス
江上トシ子(33歳)
君島竜三(65歳)
片倉衛
佐久間
浅見
山室
捜査主任
警官A
警官B
鑑識課員
店員
長崎県警の警官
長崎県警の刑事A
長崎県警の刑事B
出演 黒木 立花 草野 山田 中屋 涼子
主演 草野刑事・中屋刑事
ゲスト 緑魔子プレイガール/ 一條マコ)
西田健アイフル大作戦/丘大介)
加藤嘉
目黒幸子
南原宏治
根岸一正
力石孝
山田甲一(山田光一)
亀山達也
横山繁
山浦栄
城春樹
藤原益二
高野明彦
協力 東亜国内航空、長崎県野母崎町観光協会
備考 長崎ロケ(長崎市野母崎軍艦島
北京語⇒字幕スーパー

Gメン75 第117話 日本降伏32年目の殺人 あらすじ(ストーリー)

タイのバンコックから密輸されたヘロイン密輸ルートを内偵中のGメン。ヘロインは元空港職員の手によって保管倉庫から持ち出され、経済研究所を表看板にしている君島竜三のところへ持ちこまれていることが判明。君島は第二次世界大戦中、満州で特務機関のボスとして暴利をむさぼっていた男だった。昔の部下・豊田藤作や売人の片倉を通じヘロインを売りさばいていた。

その時、Gメン本部に片倉が殺されたという情報が入った。現場に出向いた草野刑事は片倉の死体に合掌している男を発見。事情聴取を試みるが、一言も喋ろうとはしない。藤作の屋台を手伝っているトシ子が取調室に入って来た。男は正夫といって藤作の息子で、32年ぶりに中国から帰国した戦争孤児だという。中国名を孫明生といい日本語がうまく喋れないため、ささいなことで警官と揉めたことがあった。それ以来日本語を話さないらしい。

正夫とトシ子を帰した数日後、所轄署に豊田藤作が自首してきた。ヘロインの売人・片倉を殺したのは自分だと証言する。以後、正夫とトシ子の消息は途絶え、住んでいたアパートから血痕が発見される。

Gメン75 第117話 日本降伏32年目の殺人 解説・見どころ

Gメン75 117話
  • 長崎ロケ第二弾(長崎市、野母崎、軍艦島)
  • 中国残留孤児役・西田健氏熱演
  • 南原宏治氏・近藤照男アクションドラマ最後の出演
  • 第二次世界大戦による中国残留孤児問題と戦時下の悲劇
  • 正夫と生き別れた母親との再会
  • Gメン草野、哀しみと怒りの銃声一発!

長崎ロケ第二弾は、人間の生と死を”戦争”に絡めて描いた傑作。第二次世界大戦による中国大陸での悲劇が、今もなお尾を引いているという描写が圧巻。タイの麻薬密輸ルートに絡んだ元日本軍特務機関員の男とその元部下を軸に、歴史に翻弄され分断された親と子の悲劇的な再会劇を、挿入歌「蜉蝣」のインストゥルメンタルが包み込んで行く。

人間の生と死を見つめた長崎編二作がDVD化の選別に漏れたのは残念でならない。Gメン75は、香港カラテや白バイアクション等のイベント作品も力作が多いが忘れてはならないのが単発作品。単発モノにもGメンならではの傑作が数多く存在する。ぜひ、次回DVD化がなされた暁には、収録候補に上げていただければと思う。

Gメン75 第117話 日本降伏32年目の殺人 雑誌記事

Gメン75 117話
出典:毎日新聞

Gメン75 117話 日本降伏32年目の殺人 
※長崎ロケ 第一弾、第二弾特集ページ

出典:週刊TVガイド
Gメン75 117話 日本降伏32年目の殺人 
出典:週刊テレビ番組 シナリオ特集
Gメン75 117話 日本降伏32年目の殺人
RELATED POST よく読まれる関連記事