Gメン75

Gメン75 第153話 魚の戦争

Gメン75 153話 魚の戦争

Gメン75 153話は、鳥取ロケ!海上保安庁巡視船で領海大追跡!

第153話 魚の戦争
仮題 魚の戦争(※シナリオ#149
シリーズ名
放送 78.04.29
脚本 高久進
撮影 吉田重業
監督 鷹森立一
役名(台本) 岩下和助(70歳)
岩下ヨシノ(50歳)
岩下信子(21歳)
岩下三郎(19歳)
岩下昇(小学生)
宇田川
鯉沼源一(60歳)
敏江
捜査主任
おばさんA、B、C
責任者
米子警察刑事A、B
岩下茂太郎
岩下政一
岩下伸二
出演 黒木 立花 草野 山田 中屋 涼子
主演 草野刑事・中屋刑事・速水涼子刑事
ゲスト 吉田義夫、阪上和子、田坂 都、大蔵 晶、長谷川弘、内藤杏子、辻萬長、中井徹、河合絃司、谷本小代子、伊藤慶子、山田光一
類似シーン
協力 海上保安庁全日空米子皆生温泉グランドホテル
備考 海上保安庁巡視船・撮影協力
鳥取(境港)美保湾ロケ、一部釧路ロケ

Gメン75 第153話 魚の戦争 あらすじ(ストーリー)

揺れ動く日本とソ連の漁業200海里問題。河岸の冷凍倉庫の中で、魚の仲買人の鯉沼が殺された。立花警部補らは死体の発見者で倉庫従業員・三郎の態度を怪しむ。鯉沼の本職は金融業で、その日持ち出した一億円が消え、その直後、三郎が姿を消す。

草野刑事は中屋刑事、速水刑事とともに三郎が故郷に行くと睨み、鳥取・境港へ飛ぶ。そこには漁船を手に入れる夢を抱きながら息子・三郎の帰りを待つ家族が生活していた。草野と中屋は三郎の友人と称して、家族に近づき三郎が戻るまで家に宿泊させてもらうことになった。

家族は三郎の祖父・和助、母のヨシノ、米子市内の観光ホテルで働く姉の信子にその弟の昇。家族は草野たちを信用し出した数日後、待っていた三郎が姿を見せ・・・。

Gメン75 第153話 魚の戦争 解説・見どころ

  • 当時の日ソ漁業200カイリ問題を背景にした海洋アクション
  • 海上保安庁巡視船・くずりゅうも搭乗するダイナミックな追跡
  • 家族をだましてしまう中屋と草野の苦悩の会話
  • 故障した漁船上での死闘

シナリオ上では漁船が故障し、領海スレスレまで流される際、国籍不明の高速艇出現。海上保安庁の巡視船が割って入る緊迫したシーンが予定されていた。本編では、国籍不明の高速艇のシーンはカット。

シナリオ段階で全日空、皆生グランドホテル記載有。
  

Gメン75 第153話 魚の戦争 番宣記事

Gメン75 153話 魚の戦争

Gメン75 153話 魚の戦争
今晩の「Gメン75」は初の山陰ロケ。松葉ガニの水揚げでにぎわう境港の魚市場をはじめ、海上保安庁の巡視船<くずりゅう>も登場する。容疑者が漁船で領海すれすれまで逃亡、<くずりゅう>は、15度の非常時急回転で、波をけたてて追跡、領海寸前で追いつくシーンは迫力満点となった。山陰放送ラジオもこのロケを取材したが、担当の女性アナが純真なヒト。スタッフの冗談も真に受け、

「若林豪さん、独身ですってネ」「ハイ独身、子ども五人です」
「森マリアさんは?」「子どもいるけど、アタシ独身よ」。

胃薬を飲む若林には

「脱腸苦しいですか」「ハイ」

最後に一同、「冗談の部分はあとでテープをつまんでネ」といえば「ナマだったの!」
=======
※米子出身の友人が当時このラジオ番組を直に聴いてたそうだ。Gメン75ファンではなかったので詳しくは覚えてないとのことだったが、クラス内ではけっこう話題になってたとのこと

出展:週刊TVガイド

Gメン75 153話 魚の戦争
CBC(注:中部日本放送)「Gメン75」がこのほど荒波高い日本海の漁港、鳥取県境港で一週間にわたる大規模なロケ。地元の漁業組合が差し入れてくれた松葉ガニに出演者は大喜び。特に大好物という森マリアと若林豪は競い合ってたいらげ、すっかり満足気。29日放送。

出展:中日新聞

Gメン75 153話 魚の戦争
※153話「魚の戦争」日本海の洋上での1カットが使われている「Gメン75」の記事。メンバーチェンジの件は、千葉裕氏にお会いした時にお聞かせいただいたが、78年秋ごろに案があったそうだ。おそらくこの雑誌取材と同時期ではないかと思われる。

出展:不明(中学か高校の学年誌?)
Gメン75 153話 魚の戦争
RELATED POST よく読まれる関連記事