Gメン75

Gメン75 第205話 新Gメン対ニセ白バイ警官

Gメン75 第205話 新Gメン対ニセ白バイ警官

Gメン75 205話は、フレッシュGメン登場!白バイを盗まれた若き交通機動隊員・田口巡査(千葉裕)が全てを賭けてホシを追う!

第205話 新Gメン対ニセ白バイ警官
仮題 新Gメン対ニセ白バイ警官(※シナリオ#205)
特報文字 フレッシュGメン登場!
放送 79.05.05
脚本 高久進(池田和雄、井口真吾)
撮影 吉田重業
監督 鷹森立一
役名(台本) 関警部補
水上牧子 25歳(鳥居恵子)※準レギュラー
水上亜子 18歳(遠藤真理子)※準レギュラー
遊佐
里見
神島
塚本隊員
永岡隊員
捜査主任
白バイの隊長
白バイ警官
警官A、B
交通機動隊員
出演 黒木警視正 立花警部 中屋刑事 小田切警視 津川螢子警部補 村井刑事 田口巡査
主演 田口巡査
ゲスト 鳥居恵子<水上牧子>
遠藤真理子(香山まり子)<水上亜子>
小林稔侍バーディ大作戦/行内刑事、Gメン75スペシャル/鬼沢平吉警部)
佐藤仁哉
南城竜也
栗田八郎
升元泰造
今泉芳夫
かすやたくじ
武田博志(当時の「若林プロモーション」関係者)
野上裕
鹿地史郎
井上邦道
台本設定 ①店名無しのスナック(※本編:COFFEE柿の木)
②ママ(牧子)の主人が殉職警官(※本編:姉妹の父が殉職警官)
昇格 黒木:警視⇒警視正
立花:警部補⇒警部
※中屋:警部補・見送り(出典:週刊テレビ番組)
※田口刑事の階級:巡査
加入 津川螢子警部補(夏木マり):警視庁国際刑事局
村井刑事(有希俊彦):警視庁SP隊
田口刑事(千葉裕):警視庁交通機動隊
挿入歌 さよならの鐘(唄=夏木マリ/作詞・作曲=中島みゆき/編曲=船山基紀 CBS・ソニー 06SH 468)※エンディングでクレジット無
備考 リアルタイム、再放送:オープニングなし
DVD-BOX:オープニングあり

Gメン75 第205話 新Gメン対ニセ白バイ警官 あらすじ(ストーリー)

湾岸の幹線道路で白バイ訓練に励む警視庁交通機動隊所属の若き隊員・田口巡査。彼の眼前に猛スピードで突っ込んでくる一台の外車があった。取り締まるべく猛然とアタックしたが車内から出てきたのは警視庁SP隊の関警部補と部下の隊員・村井。彼らは東京で開催される先進国首脳会議(東京サミット)の警備の下調べをしている矢先だった。

その後田口はGFの水上亜子と姉の水上牧子が経営する「COFFEE柿の木」へ立ち寄った。彼女の父親は元警官で殉職。その慰労金で開店した店だった。休息中、田口は自分の白バイが無くなっていることに気づく。そんな時、警視庁警察官の給料を運ぶ現金輸送車が襲撃され2億7000万円が強奪されるという事件が発生。

警視庁の小田切警視、Gメン本部の立花警部らも現場に急行する。犯行に使われた白バイは田口のものと判明。現場に出向いた田口は自分の白バイに付着したガムを見てなぜか顔を曇らせる。

Gメン75 第205話 新Gメン対ニセ白バイ警官 解説・見どころ

Gメン75 第205話 新Gメン対ニセ白バイ警官
  • 加入(津川螢子警部補・村井刑事・田口刑事)
  • 白バイ隊の集団走行
  • 準レギュラー・水上牧子、亜子姉妹による田口巡査の私生活
  • ビルとビルの飛び越え
  • 羽田空港近くでのクライマックス

今回はニューフェイス3人(津川螢子警部補、村井刑事、田口巡査)が出会いGメンの一員として迎えられるまでを描くシリーズ4期のプロローグ

長年Gメンの顔として定着した草野泰明刑事【汪雲龍】(倉田保昭)、山田八兵衛刑事(藤木悠)、速水涼子刑事(森マリア)が相次いで降板した1979年春。「Gメン75」は77年以来2年ぶりのメンバーチェンジとなった。裏番組は当時人気を博した「熱中時代」(日本テレビ)の新作・『熱中時代・刑事編』がスタート。Gメン75は1975年スタート以来苦戦を強いられる時期の幕開けでもあった。

この時期に新風を吹き込もうとニューフェイスが登場。「キイハンター」以来、初のオープニングテーマなしという構成も斬新で、度肝をぬく白バイ部隊の集団走行シーンからドラマは始まる。(一部のシーンは46話「白バイ警官連続射殺事件」からの流用とも思える。)

TBS側プロデューサーの樋口祐三氏が、週刊テレビ番組誌記事(下記出典資料)にて語られたように、特に田口巡査の性格付けはGメン75に新たな歴史を刻むこととなった。

2004年3月21日に発売されたDVD-BOX第一弾では、本放送時及び、東海地方の地上波再放送時、ファミリー劇場でのCS放送では存在しなかったオープニングが本編に添えられていた。

Gメン75 第205話 当時の資料

Gメン75 205話 新Gメン対ニセ白バイ警官 Gメン75 205話

制作者からひと言 プロデューサー樋口祐三

『Gメン75』は、スタート以来、社会的な問題になったニュースをネタに”社会派刑事ドラマ”の路線を追求してきました。今後もこの姿勢は貫いていくつもりです。ただ、五月のメンバー交代で、性格が多少変わりました。千葉裕、有希俊彦、夏木マリの加入で、平均年齢が下がったため、アクションがふえ、ヤングにも受け入れられやすくなったのではないでしょうか。

また、従来のGメンたちは猟犬のように鋭い目つきをした”笑顔”のない刑事でしたが、今回から千葉裕に”おっちょこちょい”な性格を持たせ、”笑い”の部分も取り入れています。新メンバーは、レギュラー陣にもいい刺激となりました。特にいままで”新人”だった伊吹剛に、”兄貴”の風格がでてきたことは、大きな収穫だと思います。新刑事たちもレギュラー同様応援してやってください。

出典:週刊テレビ番組

新入りGメンよろしく【こちら本番前】

Gメン75 205話 新Gメン対ニセ白バイ警官
東京新宿のロケで夏木が群衆に囲まれると、有希と千葉がすぐにガードマンをつとめていた。(撮影:水谷昭士写真部員)

出典:読売新聞日曜版(資料協力:速水涼子刑事さま)

拳銃は3人ともコルトローマンMK2

Gメン75 夏木マリ 有希俊彦 千葉裕

田口刑事は柔道、空手ともに初段。「実際にA級ライセンスももってるし迫力あるカーチェイスをやりたいですね」
津川刑事は美人で才媛。歌は玄人だしスタイルと華麗なファッションが自慢。
村井刑事は頭脳明せき。甘い風貌に似ずクールなナイスガイ。
拳銃は3人ともコルトローマンMK2

※新メンバーを加えた番組宣伝のカラースポットは下記朝日新聞の記事と同じものが使われていた。

出典:週刊TVガイド誌
Gメン75 第205話 新Gメン対ニセ白バイ警官
出典:週刊明星

白バイに護衛された現金輸送車が襲われた

Gメン75 205話 新Gメン対ニセ白バイ警官
出典:週刊明星か平凡

ブラウン管のキャリアウーマンたち

Gメン75 205話 夏木マリ
夏木マリが、紅一点の女刑事として新加入する。・・・(略)・・・刑事といっても潜入捜査官ということで、高級クラブの歌手になったりして、本業の歌も披露する。こうなると完全に二毛作だ。彼女のドラマ出演はこれで二度目。

出典:月刊ウィークエンドスーパー 創刊2周年準備号 1979
(資料協力:関屋二郎さま)

Gメン75 第205話 放送当日の資料

Gメン75 第205話 新Gメン対ニセ白バイ警官
出典:毎日新聞
Gメン75 第205話 新Gメン対ニセ白バイ警官
出典:週刊TVガイド
Gメン75 205話 新Gメン対ニセ白バイ警官
出典:朝日新聞
Gメン75 205話 新Gメン対ニセ白バイ警官 Gメン75 205話

Gメン75DVDコレクション収録予定:69号

RELATED POST よく読まれる関連記事