Gメン75

Gメン75 第177話 結婚と離婚

Gメン75 第177話 結婚と離婚

Gメン75 177話は、変死した母親の謎!結婚式に招かれた警視庁捜査一課時代の部下に疑惑?!第一発見者の証言と現場写真に食い違いがある

第177話 結婚と離婚
仮題 -(シナリオ#-)
シリーズ名
放送 78.10.14
脚本 西島大
撮影 吉田重業
監督 内藤誠
役名(台本)
出演 黒木 立花 草野 山田 中屋 涼子
主演 立花警部補
ゲスト 荒木道子野々村潔東山明美(東山あけみ)、柴田侊彦剣持伴紀皆川妙子北川たか子(北河多香子)、小瀬格宮田啓之菅野裕長田恒義前島良行坂井正幸石川洋子山口正二郎
タイアップ
類似プロット
撮影日
ロケ地
収録 (1)FOREVER:-
(2)BEST SELECT:-
(3)BEST SELECT(女Gメン編):-
(4)DVD-COLLECTION I:-
(5)DVD-COLLECTION II:-
(6)SELECTION一挙見Blu-ray(=DVD1~5):-
(7)DVDコレクション:59号
音楽特記 末娘・悠子がギター片手に歌う「面影」
備考 フルネーム:立花吾郎

Gメン75 第177話 結婚と離婚 あらすじ(ストーリー)

秋は結婚式のシーズン。Gメンの立花警部補は捜査一課時代の部下・浅井良一警部補の結婚式に招かれていた。その式場で母親・浅井俊子と会った。

浅井は現在、警視庁外事課に所属する国際捜査官だった。立花は俊子から浅井を追い出したということを聞かされる。どうやら息子夫婦と折が合わなかったらしい。

ある日、実家で母親が死んでいることを知らされた浅井は現場に急行し立花も所轄の現場検証に立ち会った。室内にある金庫が開けられていたが、金目のものがあるにもかかわらず何も取られてないことに立花は気付く。

第一発見者である新聞配達員の少年は現場写真を見て、室内の様子が微妙に違うと告げる。俊子が倒れていた横にずり落ちかけたテーブルクロスがあったことを覚えているが写真にはそれが写ってないというのだ。

警察に通報している間に誰かが持ち去ったのではないかと睨んだ立花は、浅井警部補を問いただす。

Gメン75 第177話 結婚と離婚 感想・ポイント

Gメン75 第177話 結婚と離婚
  • 捜査一課時代の部下の母親が変死
  • 第一発見者の証言と現場写真に写っているモノが違う
  • 死んだ母親と折が合わない部下夫妻
  • 部下がテーブルクロスを焼却処分する現場を抑えた立花警部補
  • 親族全員に「母への殺意」が感じられる

立花警部補(若林豪)にもかつては妻・明子と息子・明がいた。(Gメン75 105話「香港-マカオ警官ギャング」)

死別した家族を思い起こしながらあのセリフを語っているんだなと感じるシーンもあった。

招かれた元部下(剣持伴紀)の結婚式で出会った部下の母親(荒木道子)が自宅で変死。警察の現場検証の写真と第一発見者の証言に違いがあったことから、立花警部補は部下の親族を調べてみることにした。

長男「浅井良一警部補・かおる」、長女「小林朝子、コウジ」、末娘「浅井悠子」、そして夫「浅井忠春」。

かおる、朝子、悠子、忠春には殺意が芽生えてもおかしくない感情があった。立花警部補は「他殺」の可能性も含めて捜査する過程でそれぞれの心の奥深くを知ることになる。

177話は、「Gメン75DVDコレクション(デアゴスティーニ)」で59号に収録予定。(2021年3月時点)全国発売&全号発売祈願!

Gメン75 第177話 結婚と離婚 当時の資料

Gメン75 第177話 結婚と離婚
※死亡した母親が結婚後生きてきた30年間に何があったのか。心の奥深くと向き合う立花警部補とその末路。

出典:週刊TVガイド

Gメン75DVDコレクション収録予定:59号

RELATED POST よく読まれる関連記事