あらすじ

キイハンター 第213話 ずっこけスパイ ハレンチ大学

キイハンター 第213話 ずっこけスパイ ハレンチ大学

キイハンター 213話は、島竜彦&谷口ユミのキャンパスアクション編!一癖も二癖もある大学ゼミの学生陣と怪しげな教授に某国首相暗殺指令が絡む学内捜査線

第213話 ずっこけスパイ ハレンチ大学
(共同調査:NWP夏目プロダクツ)
仮題 -(※台本#-)
シリーズ名
放送 72.04.29
脚本 松田昭三(シナリオ作家協会専任講師)・池田雄一
撮影 東光一
監督 鷹森立一
役名(台本)
出演 啓子 吹雪 ユミ
主演 島竜彦・谷口ユミ
ゲスト 賀川雪絵鈴木やすし太宰久雄大泉滉石橋蓮司高島稔団巌菅野直行後藤ルミ、レタナ・ヘロルド、南利明由利徹三谷昇(※神山教授役:ノンクレジット)
某国 ケルダン国
タイアップ
ロケ地
類似作品
番組設定 キイハンターとは
備考

キイハンター 第213話 ずっこけスパイ ハレンチ大学 あらすじ(ストーリー)

吹雪一郎、津川啓子は中東某国(ケルダン国)革命軍が日本の殺し屋に仕事を依頼するという情報を得て行動を開始していた。だが、羽田空港で殺しの密書を持った外国人女性・スザンナ ヴァディムが交通事故を起こして死亡。

密書はクラッシックカーに乗った謎の女性に奪われてしまった。車から慶白大学の学生証が見つかったことから密使と殺し屋は大学で接触すると思われた。そこで白羽の矢が立ったのが島竜彦と谷口ユミ。吹雪は二人をニセ学生として大学に潜入させることにした。

ユミはうまく学内に潜入できたが、島は学生証がないことがバレ潜入失敗。仕方なく島はある女子大生を脅しロングスカートをまくりあげそこに隠れて潜入を試みる。しかしその女子大生こそケルダン国の密使・リタだった。

島はリタの太ももに隠された手紙を手に入れたが半分にちぎられていた。そこには暗殺指令の一部が記されており、標的は独裁政権で有名なケルダン国の首相・カセル。カセル首相は日本政府に経済援助を求める為に来日していた。

キイハンター 第213話 ずっこけスパイ ハレンチ大学 解説・見どころ

キイハンター 第213話 ずっこけスパイ ハレンチ大学
  • 小春日和のコミカルアクション編
  • キイハンター版ハレンチ学園?!実際の漫画のシーンも登場
  • 奇想天外な学内潜入作戦
  • 色仕掛けで教授陣を煙に巻くユミちゃん

今回は島&ユミのキャンパスアクション編。大学の構内を隠れ蓑にした某国首相暗殺指令。ひと癖もふた癖もある学生たちに奇妙な教授たち。そして島ちゃんが学内潜入を試みた時出会った女子大生。彼女こそが殺しの密使だった。

1972年度春、ある大学の学内風景。入り口の立看板の数々に当時の世相もチラリ。

当時人気だった永井豪氏の漫画「ハレンチ学園」のシーンや「仮面ライダー」アクションもやってみせるユミちゃんの活躍も笑えます。

今回のお休みは、ボス、風間くん(サブタイトル別出演ランキングはこちら

キイハンター 第213話 ずっこけスパイ ハレンチ大学 当時の記事

キイハンター 第213話 ずっこけスパイ ハレンチ大学
※殺しの指令は大学構内で?!来日中の独裁政権首相を暗殺しようと企む革命軍のゲリラはどこにいるのか?

出典:週刊TVガイド
RELATED POST よく読まれる関連記事