Gメン75

Gメン75 第215話 白バイに乗った痴漢

Gメン75 215話は、田口刑事の奮闘活劇!ニセ田口を追って老巡査と組み事件の真相を暴こうとする

第215話 白バイに乗った痴漢
仮題 白バイに乗った痴漢(※シナリオ#217
放送 79.07.14
脚本 高久進(池田和雄、井口真吾)
撮影 内田安夫
監督 山口和彦
役名(台本) 水上牧子(鳥居恵子)※準キャスト
水上亜子(遠藤真理子)※準キャスト
影山巡査(57才)
北川友美(25才/OL)
松野次郎
今井(暴走族)
赤沢(暴走族)
島村(暴走族)
捜査主任
看護婦
看守
出演 黒木 立花 中屋 村井 田口 螢子
主演 田口刑事
ゲスト 鳥居恵子Gメン75 205話~・水上牧子>
遠藤真理子(香山まり子/Gメン75 205話~・水上亜子)
—-
三角八郎(三角八朗、三角八廊)
井原千寿子
力石考
河合絃司
伊藤慶子
町田政則
細野輝利
井上邦道
久木念
浦上嘉久
備考 Gメン75 9話「ニセ関屋警部補」と同一プロット

Gメン75 第215話 白バイに乗った痴漢 あらすじ(ストーリー)

銀行に勤務するOL・北川友美が睡眠薬を飲んで自殺を図った。命は取りとめたが、友美の車を追跡していた影山巡査は車内で遺書を発見する。

遺書のあて先は「警視庁交通機動隊・田口巡査」。何とGメンの田口刑事だった。影山は定年間近の老巡査で殉職警官だった水上牧子、亜子姉妹の父親と同僚。「コーヒー柿の木」で田口が立ち寄ることを嗅ぎ付け田口を緊急逮捕する。

立花警部の尽力で釈放された田口は、影山と組んで事件を洗うよう命じられる。中屋刑事と村井刑事は友美が勤めている銀行に出向き友美の素行調査を開始する。

病室の友美に面会を求めた津川螢子警部補は遺書の件で事情聴取した。遺書によると、田口は結婚の約束をしたものの友美から結婚資金を騙し取り関係解消。将来の希望を絶たれ自殺するということが綴られていた。

友美は田口とも面会するが田口自身を見て「田口巡査じゃない!」と告げる。遺書の内容に心当たりがない田口は、牧子、亜子姉妹にも協力を依頼しニセ田口を追って行動を開始した。

一方、村井刑事らは友美の勤務先銀行に公金横領の疑惑があることを突き止める。

Gメン75 第215話 白バイに乗った痴漢 解説・見どころ

Gメン75 第215話 白バイに乗った痴漢
  • 序章のカーチェイス、プールサイドでのアクション
  • 2話「散歩する囚人護送車」で初めて流れた劇伴の復活
  • 田口と老巡査の捜査に牧子・亜子姉妹が加わる
  • 村井の渾身を込めた射撃シーン
  • 田口の眼前に迫る非情の一弾

警視庁交通機動隊隊員・田口巡査の名を語って結婚詐欺を働くニセ田口。序章のカーチェイス、プールサイドでの追跡アクションなどGメン初期のスピーディなBGMをバックに田口刑事、真夏の大追跡!

作品の下敷きは、9話「ニセ関屋警部補」。ニセモノを追って所轄の老巡査と合同捜査を展開するハードアクション編。上記記事のように、某プールでの真昼の撮影だったが、容疑者を張りこみ追跡する際、プールに飛びこむ田口刑事のシーンは存在する。おそらく水中での逮捕劇は、千葉裕氏の思いがスタッフの方に通じた結果かと思われる。

もうひとつの見所は、田口刑事の同僚・村井刑事の取調べシーン。当時期待の新レギュラーだったが、見せ場に恵まれなかった村井刑事。立花警部の取り計らいで、村井の射撃シーンが颯爽と登場!彼の一級射撃が見られるシーンは貴重。わずかだがハードボイルド捜査官の雰囲気を堪能できる。

Gメン75 第215話 雑誌記事

泳ぎたしされど泳げず残念! 千葉裕

Gメン75 第215話 白バイに乗った痴漢
プールサイドのシーン。オープン二日前とあって、エキストラを二十名用意。カラフルな水着の花がパッと咲いた中で、ゴキゲンなのは千葉裕。水着の鳥居恵子、遠藤真理子に囲まれ「さー、カッコイイ泳ぎを見せるぞ」と張り切っていたが、仕事、仕事に追われ、結局、水に入れなかった。「泳ぎたいなー」と最後までウラメシそー。

出典:週刊TVガイド

読者とスターのスタジオでこんにちは 鳥居恵子

読者O氏「映画って楽しい?」
鳥居「大変でもありますね。この前、『Gメン75』でプールに飛び込むシーンがあったんですね。1カットごとに撮るので、一、二秒しか写らないのに全部で六回もプールに飛び込んだんですよ。おまけに銀レフがあたってるところばかり焼けたりしまして・・・・。」

出典:週刊テレビ番組

○月×日のわたし 鳥居恵子

午前7時:起床。朝食の代わりにオレンジ二切れを食べる。『Gメン75』(TBS)の撮影のために新宿西口へ。
午前9時:新宿西口到着。ロケバスで撮影場所の品川へ。
午前10時:品川の某ホテルでプールシーンの撮影。
午後0時30分:昼食。共演の遠藤真理子と雑談しながら鳥ソバを食べる。スタッフからシューマイの差し入れがある。
午後1時30分:撮影開始。
午後6時30分:撮影終了。夜食用弁当(牛丼)を食べる。
午後7時40分:新宿に到着。雑誌社の取材。

出典:週刊テレビ番組
Gメン75 第215話 白バイに乗った痴漢
RELATED POST よく読まれる関連記事