Gメン75

Gメン75 第183話 奥様族の遺留指紋

Gメン75 第183話 奥様族の遺留指紋

Gメン75 183話は、山田刑事が所轄署に引き渡した主婦から大量の覚せい剤!大掛かりな麻薬密売組織を内偵中のGメンの前で明らかになる主婦の心の隙間を突く犯罪

第183話 奥様族の遺留指紋
仮題 奥様族の遺留指紋(シナリオ#183)
シリーズ名
放送 78.11.25
脚本 西島大
撮影 吉田重業
監督 鷹森立一
役名(台本) 竹本妙子(※主婦/大企業の課長夫人) ※本編:部長夫人
竹本わか子(※妙子の娘)中学三年生 ※本編:高校一年生
竹本(※妙子の夫) ※本編:カット
野村省一(※バンドマン・シャブ中毒)
若松
丹羽松代(※シャブの売人)
水谷譲治(※関東連合会組員)
タツ子(※ストリッパー)
阿部刑事(小樽署)
所轄署刑事
婦人看守
ラーメン屋の少女
バーテン
チンピラ(※水谷の弟分、※手書き:菊地敏明)
魚屋
老婆(※新井キミコ)
運転手(※別人の若松)
クリーニング屋の店員
出演 黒木 立花 草野 中屋 山田 涼子
主演 山田刑事
ゲスト 磯村みどり芦葉京子曽我町子内藤杏子力石考林ゆたか辻シゲル(辻三太郎、辻しげる)、土山登士幸五野上力(斎藤力、斉藤力、五之上力、五ノ上力)、亀山達也宮崎静枝吉沢信子菊地敏明今村均花田圭祐
タイアップ
類似プロット
撮影日
ロケ地 一部:北海道(小樽)
収録 (1)FOREVER:-
(2)BEST SELECT:-
(3)BEST SELECT(女Gメン編):-
(4)DVD-COLLECTION I:-
(5)DVD-COLLECTION II:-
(6)SELECTION一挙見Blu-ray(=DVD1~5):-
(7)DVDコレクション:61号
音楽特記
備考

Gメン75 第183話 奥様族の遺留指紋 あらすじ(ストーリー)

喫茶店でくつろいでいた山田刑事に声をかけてきた主婦・竹本妙子。挙動に不審なものを感じ取った山田は誘いに乗ってみたところ売春あっせんが発覚したため緊急逮捕した。所轄署の取調中、妙子が覚せい剤常習者であることが判明しGメンが動き出した。

薬ほしさに売春に手を出したと妙子は自供するが、家庭はいたって平凡。夫は大企業の部長、高校生の娘・わか子との三人暮らしだが何が妙子を犯行に走らせたのか?

妙子の証言でシャブの売人・丹羽松代を割り出した山田は女のアジトに踏み込んだ。しかし松代は死体となって発見された。

死んでいた松代は新宿のバーのホステスで、さらに室内から大量の覚せい剤が発見されたことからGメンは大掛かりな麻薬密売組織が絡んでいることを知る。

立花警部補たちGメンは松代の取引相手・水谷譲治という男を割り出すが北海道の小樽へ飛んだことが判明する。

Gメン75 第183話 奥様族の遺留指紋 感想・ポイント

Gメン75 第183話 奥様族の遺留指紋
  • 人違いから墓穴を掘り山田刑事に逮捕される主婦
  • 主婦の所持品から覚せい剤が発見されGメンが動き出す
  • 国内の覚醒剤密売組織を内偵する
  • 心の隙間を突かれた主婦
  • 売人が次々と消されて行く

山田刑事(藤木悠)が偶然知り合った挙動不審な主婦(磯村みどり)。持ち物から覚せい剤が発見されたことから所轄署からGメンに捜査が委ねられた。

警察内部や政界の腐敗から国内外の大掛かりな組織犯罪までを追う公安警察的な側面を持つGメンだが、そこから派生した小さな事件までと守備範囲が広い「警視庁特別潜入捜査班・GOVERNMENT-MEN」。

今回は小さな犯罪から大掛かりな組織犯罪が発覚し所轄署からGメンに捜査が委ねられる王道のパターン。その過程で覚醒剤の魔力に落ちてしまった主婦の犯行動機と意外な犯人像にスポットを当てている。

主婦が心のスキマを付け込まれた身近に存在する社会の暗部を見せつけてくれる。

小樽での漁船にカモフラージュした船を利用した深夜の麻薬取引をシナリオでは、小さな船が沖合に停泊している外国船から覚せい剤を受け取る実情を黒木警視(丹波哲郎)の解説で描写している。

183話は、「Gメン75DVDコレクション(デアゴスティーニ)」で61号に収録予定。(2021年3月時点)全国発売&全号発売祈願!

当時の資料

Gメン75 第183話
※山田刑事が逮捕した主婦の所持品から覚せい剤が出て来た!Gメンは国内の大掛かりな麻薬密売組織が絡んでいると内偵を進める。

出典:毎日新聞
Gメン75 第183話
出典:週刊TVガイド
Gメン75 第183話

Gメン75DVDコレクション収録予定:61号

RELATED POST よく読まれる関連記事