アイフル大作戦

アイフル大作戦 第46話 スキーで婚約殺人旅行

アイフル大作戦 第46話 スキーで婚約殺人旅行

アイフル大作戦 46話は、吹雪の新潟ロケ!一人の無実の男が人殺しの罪に問われている?!真相を求めて雪原へ向かう未来の芥川賞作家・丘大介たち

第46話 スキーで婚約殺人旅行
仮題 スキーで婚約殺人事件(シナリオ#-)
シリーズ名
放送 74.02.23
脚本 池田雄一
撮影 下村和夫(1975年度日本テレフィルム技術賞・受賞)
監督 村山新治
プロデューサー 近藤照男小野耕人原弘男(TBS)
音楽 菊池俊輔=主題歌<VIVA!アイフル>作詞:佐藤純弥 作曲:菊池俊輔 唄:小川真由美、コロムビアSAS-1679-
役名(台本)
出演 涼子 裕二 大介 三平 マリ 追出
主演 丘大介、原田三平
ゲスト 鈴木瑞穂
山本豊三
清水絋治
佐藤博
柴田鋭子
小林さち子(現・小林幸子)
桜井浩子
伊達弘
山口暁(山口あきら、現・山口豪久、刑事くん第一部/土居刑事、特別機動捜査隊/山口刑事、神谷刑事)
守山竜二
タイアップ 上越パラダイスホテル(<?>現・ホテルグリーンプラザ上越
ロケ地 上越国際スキー場(アクセス
類似シーン
備考 Gメン75に流用される劇伴のいくつか

アイフル大作戦 第46話 スキーで婚約殺人旅行 あらすじ(ストーリー)

アイフル探偵学校の生徒・丘大介は人間の深層心理の裏表を勉強するために探偵学校に入った小説家志望の青年。毎日芥川賞受賞を目指して執筆活動に余念がない。

その頃警視庁捜査一課の追出刑事は銀座ホステス殺しの容疑者を逮捕し取り調べをしていた。容疑者・真田光一は外車のセールスマンで殺しのあった午後二時ならアリバイがあるという。

あるホテルから出て来た女・久美と遭遇したという。久美は伊沢財閥の令嬢で真田の証言を否定する。

アリバイを立証してもらえないと悩んだ真田は追出の隙をついて脱走。探偵社アイフル・岸涼子に助けを求めた。

無実の人間が殺人罪に問われる可能性もあることから、大介は原田三平と真田を伴って真実を聴き出そうと久美が父親、フィアンセの岩切とともに過ごしている上越国際スキー場へ向かう。

アイフル大作戦 第46話 スキーで婚約殺人旅行 解説・ポイント

アイフル大作戦 第46話 スキーで婚約殺人旅行
  • 自分のアリバイを証明してとアイフルに泣きついてきた男
  • 無実を証明してくれる筈の令嬢は証言を拒否
  • 財産狙いの思惑と政略結婚の表と裏
  • 小説家志望の丘大介!冴えわたる推理?と現実

アドベンチャーカリキュラム第46課は、吹雪の雪原スキー場でアリバイ立証大作戦!新潟県上越国際スキー場でロケした冬のミステリー編。

小説家志望の丘大介(西田健)が中心となって展開する吹雪の雪原での大追跡!推理小説で芥川賞を狙う大介の推理に沿って、事件の裏に潜む人間の深層心理を暴き、そして真実を探って行くという異色作。

財閥の娘(柴田鋭子)の結婚が関わる殺しのアリバイの立証、そして事件に絡んだ男(清水絋治)を無実と信じる大介と三平(川口厚)が、真相を追って行くうちにぶちあたる人間の表と裏の顔。

ラストにもう一ひねりした結末が用意されていて、大介の人間への苦悩はさらに深まって行く。

大介の推理通りに事件は展開して行く・・のだがといった意外性に富んだ展開が面白い。

尚、予告編では「スキーで婚約殺人事件」とナレーションされた。後のGメン75でも流用される劇伴がいくつか流れているのも見どころ。

アイフル大作戦 第46話 放送当時の資料

RELATED POST よく読まれる関連記事