スパイキャッチャーJ3

スパイキャッチャーJ3|企画・近藤照男

スパイキャッチャーJ3はキイハンターの原点

「スパイキャッチャーJ3」はキイハンターの原点?!企画・近藤照男30分特撮アクションドラマ

スパイキャッチャーJ3基本データ
原作 都築道夫
企画 近藤照男
音楽 菊池俊輔
出演 J3(壇俊介):川津祐介
J2:江原真二郎
J1:丹波哲郎
放送 1965年10月9日-1966年3月31日
放送回数 全26話
制作 NET/東映

スパイキャッチャーJ3は「キイハンター」や「Gメン75」をプロデュースした近藤照男氏が企画した30分特撮ドラマである。/NET(現テレビ朝日)系・1965年10月7日~1966年3月31日(木曜夜7時)放送・全26話。アイキャッチ画像の左からJ2(江原真二郎)、J1(丹波哲郎)、J3壇俊介(川津祐介)。

スパイキャッチャーとは、ニューヨーク国連本部にオフィスを置き、世界各国に支部がある国際警察秘密ライン<THE UNDERCOVER LINE OF INTERNATIONAL POLICE>の日本支部エージェント。彼らの活躍を描いた30分番組。前編後編スタイルで60分番組1クールと同等。

スパイキャッチャーJ3は全26話!現存するフィルムは4作品?!

東映大泉撮影所
現存するフィルムがNo.1「SOSポラリス潜水艦(前編)」No.2「SOSポラリス潜水艦(後編)」、No.4「SOS火山トンネル(後編)そしてNo.23、24を編集し1966年8月3日に劇場公開した「SOS危機一発」のみ。詳細はWIKIPEDIAで。

訊くところによると、昭和30年代のテレビドラマは各作品当時数話を除いて放送後処分されていたらしい。「特別機動捜査隊」もモノクロ作品は100話分ほど欠落している。「キイハンター」モノクロVerが全話保管され試聴できたことは本当にありがたいことだった。

スパイキャッチャーJ3は漫画版、小説版「暗殺教程」が存在する!

漫画版 スパイキャッチャーJ3
小説版 スパイキャッチャーJ3 暗殺教程

スパイキャッチャーJ3は漫画版(マンガショップ刊)、小説版『暗殺教程』(光文社文庫刊)で読むことができる。小説版の『暗殺教程』は大人向けに手直しされたスパイ小説。舞台も日本、香港、マカオとスケール大きく描かれている。尚、小説版ではJ3のネームが、壇俊介ではなく 吹雪俊介 となっている。シナリオ「SOSポラリス潜水艦」も掲載。

「吹雪」という名も、「キイハンター」「Gメン75」に関連する名前だけに心ときめくものがありますね。本編の川津祐介氏が演じたJ3「壇俊介」は「キイハンター」の宮内洋氏が演じたキャラクターの名前でもある!

「スパイキャッチャーJ3」から「キイハンター」までの最古の記憶?!

東映大泉撮影所
この「スパイキャッチャーJ3」をベースに丹波哲郎氏を中心とした秘密捜査官もので制作されたのが『キイハンター』だと言っても過言ではない。

現存する「スパイキャッチャーJ3」を改めて試聴してみると30分番組とはいえ前後編の構成。J3の愛車空飛ぶ「コルベット・スティングレィ」が登場するとはいえ、ストーリーはまさに骨太な「キイハンター」テイストだ。

私がまだ小学校にも上がってない幼少の時期。オープニングの一部は、父親と見ていた「鉄道公安36号」(年齢的に「JNR公安36号」ではないと思うが)のエンディングテーマ同様、最古の記憶である。

放送終了後、30年位経ってオープニングだけが収録された『TVヒーロー主題歌全集 特撮編 七色仮面から柔道一直線まで』(1985年)。このVHSテープを見せてもらう機会があったとき衝撃を受けたオープニングがまさに「スパイキャッチャーJ3」だ。

80年代初頭、東映撮影所でお会いした丹波道場に通う「Gメン75FCハードボイルド79」会員の方から聞かされた「30分物のキイハンター」。知らないなぁ…とその時思ったけど、この作品だったか!

作品名こそ『TVヒーロー主題歌全集 特撮編 七色仮面から柔道一直線まで』の試聴で初めて知った「スパイキャッチャーJ3」だが、ニューヨーク国連本部の全景にかぶさるナレーションを見て行くうちに忘却の彼方だった記憶が蘇ってきた。

チューリップのアニメーションに「TULIP THE UNDERCOVER LINE OF INTERNATIONAL POLICE・・・」腹にズンズン響くメロディで川津祐介氏登場。心ときめいた感触が戻ってきたのである。

現在は、現存する作品だけベストフィールド社から発売されているDVDソフトでも視聴できる。良い時代になったものだ。

キイハンター サブタイトル