Gメン75

Gメン75 第241話 囚人護送

Gメン75 第241話 囚人護送

Gメン75 241話は、人生の歯車が狂い始めた男!島谷刑事(宮内洋)は自暴自棄になり逃走した高校時代の友人を追って富士山麓を捜索する

第241話 囚人護送
仮題 -(シナリオ#-)
シリーズ名
放送 80.01.12
脚本 掛札昌裕西島大高久進(池田和雄、井口真吾)
撮影 内田安夫
監督 堀長文
役名(台本)
出演 黒木 立花 中屋 島谷 田口 螢子
主演 島谷刑事
ゲスト 平泉征(現・平泉成、平泉征七郎)
三角八郎(三角八朗、三角八廊)
阪上和子
片岡五郎(片岡光雄)
長谷川弘
大友龍三郎
中井啓輔
弘松三郎
友金敏雄
相馬剛三
宍戸久一郎
樫村まゆみ
井上邦道
石川洋子
—-
写真(※ノンクレジット)
山浦栄
タイアップ
類似シーン
撮影日
ロケ地 山梨県(本栖湖周辺
収録 (1)FOREVER:-
(2)BEST SELECT:-
(3)BEST SELECT(女Gメン編):-
(4)DVD-COLLECTION I:-
(5)DVD-COLLECTION II:-
(6)SELECTION一挙見Blu-ray(=DVD1~5):-
(7)DVDコレクション:81号
主題歌 エンディング:主題歌の代わりに挿入歌「ウィング」(236~248話まで)
—-
オープニングテーマ(本放送時
229・230・231話:別アレンジの「Gメン75のテーマ」
232~252、255~266、269~291、295~306話:オリジナルの「Gメン75のテーマ」
挿入歌 「ウィング」(作詞:伊達歩 作曲:戸倉俊一 唄:夏木マリ
劇伴特記
備考 フルネーム:島谷和彦(宮内洋)

Gメン75 第241話 囚人護送 あらすじ(ストーリー)

富士山麓で起こった傷害事件の容疑者として地元警察の鳴海署に逮捕された三沢初男。三沢の態度から大きなヤマを踏んでいると判断した捜査員は指紋照合の結果、五年前の旅館経営者殺人事件が浮上した。

しかし三沢は自分は殺しをしていないと言い張り、警視庁にいる島谷刑事を呼んでくれと要求した。

島谷は高校時代の友人で一緒に警察官になろうと採用試験を受けたが、島谷は合格し三沢は不合格だった。

知らせを受けた島谷は黒木警視正に護送を願い出て自分が現地へ行くことになった。三沢と対面した島谷は東京までの護送を鳴海署から受け継ぎジープに乗り込んだ。

しかし雪道でハンドルを取られたジープは横転し島谷は気を失ってしまう。島谷を介抱する三沢の姿を見た西野巡査は、逃走すると思い込み三沢ともみあいになったあげく拳銃の暴発で死亡。

気が動転した三沢は島谷から手錠のカギを奪い山中に姿を消してしまった。

三沢はベトナム戦争中、カンボジアで暮らしており現地で生き別れた父母と再会することを夢見ていた。しかし人生の歯車は意に反してことごとく狂い始める。

Gメン75 第241話 囚人護送 感想・ポイント

Gメン75 第241話 囚人護送
  • 富士山麓で逮捕された男は島谷刑事の高校時代の友人
  • 5年前の殺しの現場に残された指紋と一致
  • 島谷が現地へ飛び護送することになる
  • 護送中のジープが事故で横転
  • 逃走すると勘違いした警官を誤って撃ってしまう

ことごとく意に反した結果に陥ってしまう島谷刑事(宮内洋)の友人。今回は久々の島谷活躍編キイハンター・壇俊介時代の様にもっと宮内アクションが見たい!どうなってるんだと飢えていた頃の単独主演作

5年前に誤って死に至らしめ殺人犯として追われる身となる。逃走中、別の傷害事件で逮捕され無実を主張するも聞き入れられない。護送中に逃げると勘違いした警官と揉み合っているうちに相手を死亡させてしまってまたしても逃亡。

ついてないときは連鎖反応のごとくことごとく悪い結果が重なることが現実にもあるが、雨ばかりではなくいつかは晴れるという人生を風刺したようなエピソードである。

なお、Gメン75 72話「恐怖のロープウェイ」で初めて使われた雄大な山を連想させる劇伴闇に蠢く陰謀」の選曲は、今回の241話「囚人護送」をもって最後の楽曲使用となる。

ちなみに、後の「ピエールポルト義野裕明」音楽担当体制(Gメン75 307話~)時代、328話からの「香港カラテVS赤い手裏剣の女」冒頭の曲にも影響を与えたと思われる。

劇伴「闇に蠢く陰謀」(作曲:菊池俊輔)選曲一覧
72話「恐怖のロープウェイ
78話「土曜日の幼稚園ジャック
132話「Gメン恐怖の四日間
133話「死体の首を折る男
158話「警官だけを殺せ!
159話「刑事が銃殺される時
171話「太平洋大捜査網
172話「大空のギャング
173話「大空からの脱出
193話「網走刑務所吹雪の大脱走
194話「銀嶺を行く網走脱獄囚
※以降新アレンジ
221話「海抜3170米の空中ブランコ
241話「囚人護送」※最終使用

島谷刑事(宮内洋)フルネームは島谷和彦

Gメン75 宮内洋

241話「囚人護送」での島谷刑事(宮内洋)のフルネームは、「島谷和彦」。229話「暴走トラック殺人ゲーム」では「島谷一彦」だった。

Gメン75 第241話 放送当時の資料

Gメン75 第241話 囚人護送
※写真は239話「親を撃ち殺す子供たち」のものを流用していた。

出典:週刊TVガイド

Gメン75DVDコレクション収録予定:81号

RELATED POST よく読まれる関連記事